FC2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役。
東北・美術館・水族館・デパ地下好き。
珈琲の中ではモカが一番だナ。
探してるのは固いバームクーヘン。
日々金魚の金ちゃんに話しかけては
尾びれで水かけられて嬉しい毎日。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとんと筑前煮、
蓮根きんぴら、
ヒレカツ、ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



賢治の薔薇コンサート 6月23日日曜にイーハトーブホールで決定!!

我が家で咲いたばかりの
この 少し下を向いた 

素晴らしく香りの良い
深紅の薔薇の名前は

グルスアン・テプリッツ 。

宮沢賢治の縁のある薔薇と言われています。
バラの美しく咲く時期
6月23日の日曜日14時から
「賢治の薔薇コンサート」 を行います。

賢治の詩の朗読は 
宮沢賢治記念館 副館長 牛崎敏哉さん
ピアノは 松岡 淳さん
チェロは 小畠幸法さん
なんと、岩手県花巻市の宮沢賢治イーハトーブ舘ホール
200名定員

なんと ピアノは名器ベーゼンドルファー!
曲名やほか詳細は 近日中また載せますね!!
もちろんこのホームページからもお申込みできます。

新緑の美しい時期に、バラ咲き誇る
花巻の、宮沢賢治イーハトーブへ 思い切って行きませんか!?
食べ物は美味しいし、
温泉はつるつる、温泉と、音楽と、宮沢賢治に浸りましょう。


グルスアン・テプリッツ 1

スポンサーサイト

賢治のこけし すすまごさん!
煤孫さんとみどり 2019 1月13日


工房 木偶乃坊 (でくのぼう)の
こけしの工人 煤孫盛造氏 (すすまご もりぞう)

氏がつくるこけしは、頭には帽子を被り
うつむくその姿はなんとも
宮沢賢治が畑を歩く姿に似ていて心を打ちます。
色は木の色のみ。頭をつくるところや
材質の話なども。
ロウで磨き上げている現場も見せて下さいました。

東北新幹線新花巻駅から車で5分、
宮沢賢治記念館のすぐ向かいに作業所があり、
親しい知人の伊藤さんが
寄りましょうか?と、突然、え?
連れて行ってくれました。笑。
彼女のおかげで工房にも迎え入れて貰えました。

雪の上を歩くんだ〜。そったらすべらねぇ〜。
氷の上はだめだなー。
はい!尻もち注意。
すすまごさんは優しい(^_^)。

さあ、このあとこの花巻での音楽の公演の打ち合わせ。
皆さんに助けられて、
笑顔で伺えばきっとうまくいくでしょう!


美しい岩手山
岩手山 2019 1月14日

岩手山 本当に美しい。

今の時期は空気も澄んでいて、くっきりと見えて。

今朝の盛岡市内 旭橋から望む北上川と岩手山。


浜松国際ピアノコンクールあと 務川慧悟さん

浜松国際ピアノコンクールの前に
マレキアーレの応援コンサートに出演してくださった
愛知県出身の務川慧悟さんです。

コンクールでは5位という結果でした。

彼の弾いたラヴェルの響きと素晴らしい世界、
ファイナルのプロコフィエフ第3番の完璧な演奏は、二度と忘れません。
浜松の街をこよなく愛してくれた、そのお人柄にも感謝しています。

これはコンクールを全て終えた後、2人で
アイスコーヒーで乾杯の時に撮ったものです。

いまは留学先のフランスでまた勉強を続けておられますが
またぜひ、その洗練された演奏を聴かせてください。


2018 11月コンクール直後務川くん


浜松国際ピアノコンクールあと 今田篤くん

浜松国際ピアノコンクールの前に
マレキアーレで応援コンサートを行った
静岡県掛川出身の 今田 篤くんです。

ピアノコンクールでは4位という素晴らしい結果でした。
ファイナルのチャイコフスキー協奏曲第1番を聴いていたら、
あまりに美しくて 涙がこぼれました。

これは、コンクールも終わり、ご連絡いただいて
お会いして浜松駅へ送った際の写真です。
彼は翌日、留学先のドイツへまた戻りました。
これからですね。
どうぞ頑張ってください。

2018 11月コンクール直後ドイツ帰国前夜今田くん