FC2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役。
東北・美術館・水族館・デパ地下好き。
珈琲の中ではモカが一番だナ。
探してるのは固いバームクーヘン。
日々金魚の金ちゃんに話しかけては
尾びれで水かけられて嬉しい毎日。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとんと筑前煮、
蓮根きんぴら、
ヒレカツ、ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



バラの中のチェロ
薔薇園のチェロ大 (2)

何といっても 

花巻バラ園の

バラに囲まれた 小畠さんのチェロの弾く姿が見たくて、聴きたくて
思い切ってお願いしました。
こころよくご了承いただきました。
なんと素敵な音色だったことか!!
花巻温泉の、営業担当の方、特別ご許可いただきましてありがとうございました。
ずっとお付き合いしていただき安心でした。
本当にお世話になりました。

足元もあまりよくなく、空も今にも雨が落ちそうなあやしい雰囲気。
「濡れたらどうするのか、考えているの?
本当に横田さんこれでやるの?」
そんな恐怖にも笑顔で応じて下さり
なんとお礼を言ってよいものか。

一生の記念になりました。
小畠幸法さん本当に感謝です。


スポンサーサイト




賢治の薔薇コンサート 勢ぞろい
少し大きい文字イーハトーブ館の前で2019⑥月23日

公演終えたばかり。
みなさんと一緒に

照井さん手作り看板の前で! 
本当にありがとうございました。


賢治の薔薇コンサート グルスアンテプリッツコンサート ありがとうございました!
賢治の薔薇コンサート中20190623
  
 「 賢治の薔薇コンサート 」
岩手県花巻市宮沢賢治イーハトーブホールで23日
満席のお客様でした。

足を運んでくださった皆様、花巻市をはじめ、日本各地から聴きに来て下さり
本当にありがとうございました。
牛崎さんによる 宮沢賢治の詩の朗読、銀河や薔薇の香りのお話、
ブラックホールの秘話など、打ち合わせにない深い貴重なお話も聴けましたね。
後半は小畠さんの生命力溢れるチェロと、
松岡淳さんの素晴らしいピアノ。
最後のラ・カンパネラ、アンコールのトロイ・メライなど涙して聞いておられる方もいました。
トークも楽しくって、マルカンデパートのソフトクリームの話など盛り上がり
お客様の笑顔と、拍手、最後は宮沢賢治の 星めぐりの歌 を大合唱して
拍手の中感動のラストでした。皆様、ありがとうございました。

グルスアン テプリッツの花の写真を撮って 会館の入口に飾りつけして下さった
照井善耕さん手づくりの看板です。本当に素敵でした。

この日に合わせて開花して下さるように温度調整までして育てて下さった
薔薇の菊池洋子さん、グルスアンテプリッツの美しさと香りにまた感動しました!
素敵な盛花!! 舞台に花を添えてくださいました。

イーハトーブ館の林さん、はじめ、新渡戸稲造記念館の林さん、
花巻市教育委員会の佐藤勝教育長様、太田さん、いつもいつもありがとうございます。
なにより、誰より、昨年から準備に駆け回って下さった花巻の伊藤順子さん、ご主人様
感謝しかありません。たくさんの人に助けられて無事終えることが出来ました。

今日からまた、前を向いて、
雨ニモマケズ風ニモマケズ頑張ります‼️


賢治の薔薇コンサート 6月23日日曜にイーハトーブホールで決定!!

我が家で咲いたばかりの
この 少し下を向いた 

素晴らしく香りの良い
深紅の薔薇の名前は

グルスアン・テプリッツ 。

宮沢賢治の縁のある薔薇と言われています。
バラの美しく咲く時期
6月23日の日曜日14時から
「賢治の薔薇コンサート」 を行います。

賢治の詩の朗読は 
宮沢賢治記念館 副館長 牛崎敏哉さん
ピアノは 松岡 淳さん
チェロは 小畠幸法さん
なんと、岩手県花巻市の宮沢賢治イーハトーブ舘ホール
200名定員

なんと ピアノは名器ベーゼンドルファー!
曲名やほか詳細は 近日中また載せますね!!
もちろんこのホームページからもお申込みできます。

新緑の美しい時期に、バラ咲き誇る
花巻の、宮沢賢治イーハトーブへ 思い切って行きませんか!?
食べ物は美味しいし、
温泉はつるつる、温泉と、音楽と、宮沢賢治に浸りましょう。


グルスアン・テプリッツ 1


賢治のこけし すすまごさん!
煤孫さんとみどり 2019 1月13日


工房 木偶乃坊 (でくのぼう)の
こけしの工人 煤孫盛造氏 (すすまご もりぞう)

氏がつくるこけしは、頭には帽子を被り
うつむくその姿はなんとも
宮沢賢治が畑を歩く姿に似ていて心を打ちます。
色は木の色のみ。頭をつくるところや
材質の話なども。
ロウで磨き上げている現場も見せて下さいました。

東北新幹線新花巻駅から車で5分、
宮沢賢治記念館のすぐ向かいに作業所があり、
親しい知人の伊藤さんが
寄りましょうか?と、突然、え?
連れて行ってくれました。笑。
彼女のおかげで工房にも迎え入れて貰えました。

雪の上を歩くんだ〜。そったらすべらねぇ〜。
氷の上はだめだなー。
はい!尻もち注意。
すすまごさんは優しい(^_^)。

さあ、このあとこの花巻での音楽の公演の打ち合わせ。
皆さんに助けられて、
笑顔で伺えばきっとうまくいくでしょう!