FC2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役社長。
東北・九州・美術館・水族館・デパ地下好き。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとん・ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ピアニスト岡田 奏のベートーヴェン 「皇帝」
.1岡田 奏 ピアニスト笑顔2017.7

みてよ、この魅力的な笑顔!
演奏直後の
岡田 奏さん。

昨日 愛知県犬山市民会館で 
中部フィルハーモニー交響楽団の第56回定期演奏会でした。

山下一史マエストロの熱く力強いサポートを受け、
ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 「皇帝」
ピアノソリストとして登場
ほぼ満席のなか、いくつもブラボーがでましたね。
お客様の熱意も伝わる、いい日でした。

後半は
同じく 交響曲第3番変ホ長調 「英雄」

岡田 奏さんは
函館生まれ、15歳で渡仏。パリ国立高等音楽院で
フランク・ブラレイに師事し、フランスと日本とを行き来して
その確かな実力とこの美貌で見るもの聴くものを魅了している
新進ピアニスト。

まー、キラキラした全身黒レースの魅惑的な姿で
颯爽と舞台に登場し、弾く弾く~。
最初から最後まで、骨格がはっきしていて、粒が揃い美しい演奏。
第2楽章の、美しく染み入るメロディーは岡田 さんの個性が浮き出ているようで心打ちました。。
エレガントさと繊細さ両方を併せ持つ 大、大注目のピアニストです。

みどり音楽企画のサマーコンサートにも登場しますよ!
8月21日、NHK交響楽団首席クラリネット奏者の松本健司さんとの初共演です。
フランス音楽中心の素敵なプログラム。
こちらも楽しみ~。小さなホールですので目の前で珠玉の音楽を味わいにいらしてください。

お申し込みは みどり音楽企画ホームページからどうぞ!

そうそう、ちょっと早めに犬山駅に着いたので
国宝犬山城も見学。 すばらしかった。
川をはさんで見上げるその雄大な美に圧倒されて。タクシーの運転手さんも優しい。
行ってよかった犬山。 ワンわーん!





うれしいことは 自分に蓄える
りす です


蓄える んデス。

いい事は、たくさん 蓄える。

ああ、いい景色だナ~、
ああ、いい気持ちだな~、
ああ、いい人だナ~、
ああ、おいしいな~、
ああ、うれしいなあ~

そう、自分に 蓄えるんですよ。

すこしずつ、消化していき、
いつかは 自分の身となり肉と、、、
え? 血となり、肉となるのです。

自分がやせ衰えて、消耗してしまわないように

喜びは、喜びとして全身で受け止める。

この りす ちゃんは、岩手のさわはん工房さんの作品。
かわいい。





梯 郁太郎さん天に召される
梯郁太郎さんとみどり マレキアーレにて

あの、梯 郁太郎さんがお亡くなりになった。

4月1日、亡くなった当日に、お知らせをいただきました。

訃報を聞く3日まえには、なあんと夢に出てこられたよ。
なんででしょうね?今もってわからない。
わからないのが夢だね。
笑顔で 「おお、横田さん!」って、ええっ???
って目が覚めた。最近お会いしてないから かな、なんでかな、
お好きな赤福でも持って伺おうかな?と思っていた矢先に。

このみどり音楽企画の小さなホールマレキアーレにも何度も何度も足を運んでくださった。
ジャズピアノやスパニッシュギターの伊藤芳輝さんの演奏にも大変感動されて
その時に使用したこのローランド製スピーカーをはさんで、記念に撮った写真。
ご機嫌で笑顔笑顔でした。
当方で演奏するピアニスト横山幸雄氏にも大変感動され、
クラッシックのピアニストに対する様々な質問もたくさんしておられた。
電子ではない、生のグランドピアノの音に大変な興味を示され、
研究熱心な梯さんは
優しいお心配りの奥様とご一緒にここに来られたら、
座る椅子もいつも決まっていた。
一番前の革の椅子。
梯さんのマイ椅子。

マレキアーレ寺小屋シリーズの1番目にも登場してくださり、
音楽が大好きな方々、音楽関連企業の方々、梯さんが大好きな方々など
交えて、おはなしのあとは お饅頭とお茶の楽しい会も行いました。
「これからは音楽と映像、両方を一緒に楽しむ時代なんですよ」、と
ご自分で制作された映像もご自宅で披露していただき、熱く熱く語られていた。

「いやいや、関係おまへん、音楽はみんなでたのしめばいいんですわ。」
大きく身振り、手振り、で、さっぱりとはっきりと話されるその姿は、
今でも目に焼き付いています。
大好きでした、優しくてまっすぐな梯さん。
いつまでもお元気だと、、、そんなわけないのに。
天に召されても、また新たな楽器や機械を作っておられるんじゃないかしら。
ねえ、アイディアは溢れるほどでしたもの。。

梯郁太郎
1972年にローランドを設立。
電子ピアノやドラム、シンセサイザーなど世界に通用する電子楽器を数多く送り出した。
80年代に演奏情報を電子信号に変換して伝送するための世界共通の企画「MIDI」
を生み出した功績が評価されて、2013年に米グラミー賞のテクニカル・グラミー賞を
個人としては日本人で初めて受賞した。
その後、電子楽器会社 「ATV」を設立し、会長を務めていた。
1930年2月7日生まれ、享年87歳

MIDI は、スタンダードがないと業界は発展しない、との信念のもと無料で公開されました。
梯さんの業績は、音楽界にとって計り知れないほど大きい。

梯さん、本当にありがとうございました。




お正月を飾る郷土玩具展 にわとりと年賀切手
にわとり展チラシ

浜松北インターから車で1時間、藤枝市郷土博物館へ。

日本全国各地のお人形好きな私たち。
特に、にわとり好きな主人のために(笑)
前から予定していた場所へおでかけの日。

NHKのど自慢とお宝探偵団両方見終えてごはん食べて
出かける。
行きは、慣れた東名高速道路
帰りは新東名・・・な=んて広くて走りやすいんだ!
焼津インター降りて市内に入り、住宅地の中に
池がっ!そう、郷土博物館は藤枝市民の憩いの場所である
この蓮華寺池公園にあり、
駐車場も満車に近いほどの混雑。

車を停めて、
ええっ?!池に白い巨大な白鳥が数羽?
違う違う、遊覧船か。

さて、右の茶色の建物の中にはいると・・
なんとラッキー本日のご来館のお客様へどうぞ、と、
カワイイ鶏の土鈴をプレゼントしていただいた。
建物はゆったりしたつくりになっていて、
 まあ、なんとカワイイにわとりのオンパレード!
新井智一コレクション「鶏の郷土玩具」や、年賀切手のモデルとなった
お人形たちも年賀切手とともに展示されており
本当に珍しい。切手も大好きな私は持っているものも見つけて、
なんだか嬉しくって。
2~3センチから20センチぐらいのものもあるし、色とりどりで、ユーモラスで、見入っちゃった。

文学館では 藤枝出身の杉山惠一の企画展も同時に行われている。
とても優秀で自然を愛し生物学者でもありマルチな才能の持ち主である
杉山氏の作品の紹介もじっくり拝見。
う~ん、ビオトープの第一人者だったのですね。初めて知った。

見やすく展示されている郷土歴史館も見て、
2階の昭和の懐かしい電化製品やオルガンも!見て
ここでしか売られていない可愛いオリジナルバッチ¥100もご購入。
懐かしい気持ちと、優しい職員さんの応対に心が潤った。
満足。 

すぐ下の池に移動。
たくさんの鳥たち、カモ、オオバン、ゆりかもめほか 
よく育った大きな鯉ちゃんが悠々と泳いでいる。
ここは桜や藤、蓮の花など季節折々美しく、皆さんに愛されている場所。

藤枝パーキングエリアでラーメン魁力屋の
から揚げ定食(から揚げ3個+梅しそラーメン)¥1070
デザートに隣接するファミリーマートの
口どけなめらかカスターシュークリームとホットコーヒーMで¥260
・・ラーメンも、シューもけっこうイケるんです。。


静岡県は長く広い。各所から見る富士山も魅力たっぷりだ。
知らないところもとても多くて
焼津も島田も行きたいなあ。浜松ばかりじゃあだめ。
今回行けなかったけれど藤枝は東海道の宿場町として
栄えた時代からお菓子つくりが盛んで
市をあげて「スイーツのまち藤枝」をアピールしていて
藤枝駅周辺はおいしいお店がたくさんあるらしい。
 知らなかった。
焼津のみそまん学会加盟店のみそまんも超おいしいとか。

あ~~、食べてみたいっ!!!


サイトウキネン・オーケストラ・ブラス・アンサンブル

18日、東京紀尾井ホールは熱い熱い歓声とため息と笑顔に包まれた。

赤い上着を着て元気に駆ける 小澤征爾氏も客席から飛び入り参加され、
なんと豪華なこと。

選曲もこだわっていて、編曲も面白くて演奏者は大変でしょうけれど
とても贅沢で、ききごたえある。
1曲目に、パーカッションの竹島さんの顔がほほ笑んでいるように見えた。
これは、このメンバーは楽屋でもいい雰囲気なんだなあとすぐ感じ、
どの人もうまくて驚いちゃいながら前半あっという間に終え
興奮して知人と話しているうち後半始まる。

ジョン・ウイリアムズの、
ブリリアントでビシッと決めるオリンピックファンファーレ聴いていたら
カッコよすぎでキューンときて、泣きそうになった。。
なんてことだ。こんなこと久々で、新年早々いい感じだなあ~。

サイトウ・キネン・オーケストラ・ブラス・アンサンブル
日本を代表する指揮者 小澤征爾氏が絶大な信頼を寄せ、世界中の一流プレイヤーが集う
サイトウ・キネン・オーケストラの金管、ティンパニ&打楽器セクションのプレイヤーたち。
「このメンバーでもっと演奏したい」というメンバーの声が一致して、この日から始動。
セイジ・オザワ 松本フェスティバルの名をさらに全国に広めるべく、全国各地で演奏会を開催する。
・・・プログラムより引用

東京公演1月18日紀尾井ホール
19日は松本のキッセイ文化ホール
21日は広島のエリザベト音楽大学セシリアホール 
22日は水戸芸術館コンサートホールATM

【曲目】
プレトリウス:テレプシコーレ舞曲集 より
モーツァルト:ホルン協奏曲 第3番 変ホ長調 K.447 より 第3楽章
 (ホルン独奏:ラデク・バボラーク)
ワーグナー:楽劇《ニュルンベルクのマイスタージンガー》より 第1幕への前奏曲
ジョン・ウィリアムズ:オリンピック ファンファーレとテーマ
メンケン:ホール・ニュー・ワールド~映画『アラジン』より~
 (フリューゲル・ホルン独奏:ガボール・タルコヴィ)
ジョン・ウィリアムズ スペシャルセレクション
 スーパーマンのテーマ/ダース・ベイダーのテーマ(インペリアル・マーチ)/
 レイダース・マーチ/JFK-プロローグ/
 スター・ウォーズ組曲〈王座の間とエンド・タイトル〉より ほか

アンコール・・・ないしょ。

【出演者】
トランペット:
ガボール・タルコヴィ/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団首席
カール・ゾードル/グラーツ交響楽団首席
高橋 敦/東京都交響楽団首席
服部孝也/新日本フィルハーモニー交響楽団首席

ホルン:
ラデク・バボラーク/フリーランス、水戸室内管弦楽団
阿部 麿/フリーランス
勝俣 泰/NHK交響楽団

トロンボーン:
ワルター・フォーグルマイヤー/ウィーン交響楽団首席
呉 信一/京都市立芸術大学名誉教授、東京音楽大学教授

バス・トロンボーン:
ヨハン・シュトレッカー/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

チューバ:
ピーター・リンク/仙台フィルハーモニー管弦楽団首席

パーカッション:
竹島悟史/NHK交響楽団

だれが良かったって
柔らかで話すようなトランペットのガボールさんに超惹かれながらも、
トランペットの高橋敦さんに決まってるじゃないの (笑

・・・空を駆け抜けるような音、息をしているような自然な発音、すばらしい。