みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役。
美術館・水族館・デパ地下と
固めのバームクーヘン大好き。

いつか、大きな鯉を抱きしめてみたい!
無謀な大きな夢はいつ叶うやら・・・。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとんとハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



NHK交響楽団 首席クラリネット奏者 松本健司 TV出演お知らせ

みどり音楽企画のフレンドシップ奏者

松本健司 さんが
テレビに出演します。見てね。

10月1日日曜日
N響第1864回定期演奏会 

と、「コンサートプラス」 で、
え、燕尾服?!
NHK交響楽団の首席クラリネット奏者でもある
松本健司さんの面白い、いや滅多に見ることが出来ない
こだわりと、素顔がこんなにあからさまにッ!!

・・・いつも、マレキアーレに来た際にも気どらず
学生さんたちへのレッスンも、自然体でそのままの松本さんです。
まっすぐで、真摯に取り組んで。
全国にファンもた~くさん。

クラシック音楽館 - NHK
http://www4.nhk.or.jp/ongakukan/


ドヴィエンヌのクラリネットソナタも出るみたいですよ。
ピアノは、横山幸雄さん。
あ、先ほどTVに出ていましたね。
驚きました。ピアノマイスターって。。。

華やかな2人です。
今後のご活躍も応援しています。



スポンサーサイト

ヴラマンク展
ヴラマンク展 山梨県立美術館



芸術の秋

音楽だけではありません。

絵! 

ヴラマンク・・・白い雪道の絵が特徴で
大好きな作者なのですが、甲府の 山梨県立美術館で
開催中と知り、行きました。
パリ生まれのヴラマンク。
 父親はヴァイオリン教師、母親はピアノ教師という環境の中で
自身も10才前後からヴァイオリンで生計を立てていた。
20歳で結婚し、頑強な体で自転車レースにも参加し
その賞金を生計の足しにし、
ときにはボートレースも参加。…知らなかった。。。スポーツ選手だったんだね。
絵を始めるのは17歳のころ。
独学で趣味程度から始めた彼が、1901年にパリで行われたゴッホの作品展で大変感銘を受け
そこからドランやデュフィ、アンリ・マティスなどの影響も受け、徐々に画風を確立させていった。
ゴッホを父親以上に尊敬し愛した と言われるヴラマンクですが
誰かの影響を受け、素直にそれを受け入れ、才能を伸ばせたら
こんなに良いことはないですね。
ゴッホは既に亡くなっておられ、実の父親じゃあないからまたいいんだろうな。

1933年にはシャガール、デュフイ、ルオー、ユトリロ!
(今聞くとすざまじい有名どころと同時期に研鑽を積んだんですね。)
などとグループ展に参加するなど、制作発表を重ね
1958年82年の生涯を閉じた。
文才もあり、たくさんの書籍も発行。

亡くなる2年前に「私の遺書」と題された文章を書き残しています。
要約すると、
「私は、決して何も求めてこなかった。
人生が、私にすべてのものを与えてくれた。
私は、私ができることをやってきたし、私が見たものを描いてきた。」

は~、こんな人だったのかモーリス・ド・ヴラマンク。
絵だけじゃあなかったのね。才能は。
知りすぎてまたそれはそれで複雑な私。

山に囲まれ、のびのびとした甲府。
ともかく広い美術館。
なんと気持ちの良い笑顔で迎えてくれた
感じのいい山梨県立美術館の職員の方々。
付随するレストランも明るく美味しい。

作品の良さもさることながら
生きている人によって、美術品ですら好感度倍増。

鑑賞している人もマナーよく、素晴らしい静寂の中
名作たちをじっくりと味わえました。

甲府といえばお土産に信玄餅、もちろんご購入。
ぶどうもね!

紅葉も始まっていました。
これからいい季節です。




国宝 姫路城 
2017 8月 姫路城

それはそれは 美しい

さすが国宝 白い肌から「白鷺城」とも呼ばれています。

登りましたよ、天守閣まで。
この中にお侍さんがいたなんて。。

姫路駅からまっっすぐ前方に見える姫路城ですが、歩くとまあ、遠い。
しかし、商店街を抜けるといろんなお店があって目にも楽しいし
喫茶店でアイスコーヒー休憩しながら進んで。
近くにきたかな~~、まだ、ある。広い。
見るとこたくさんあるね。
何処見ても美観!!

この日、10キロ歩きマシタ。
どんだけ階段昇降したんだ スカートで。
美観損ねてすみません世間の皆様。

暑い~。
は~~膝やられる~。体重、重すぎ~~。
 しかし、とてもいい思い出になりました。

この特徴のある白は、白漆喰総塗籠造 しろしっくいそうぬりごめづくり
という工法が用いられているとのこと。
薄く何度も塗り固め、その暑さは3センチ!にも及び、
火災や風雪からお城を守っているのです。


フクロー
福ロー ふくろーちゃん 花巻温泉

フクロー ちゃん

岩手の花巻温泉のキャラクター

先日岩手の花巻温泉で、歩いてるの初めて見た喜びったら!!
鉢巻して呼び込み頑張ってるし。

モチロン、ぬいぐるみ持ってるし~、

福を招くんだって

抱きついてもいい?って聞いたら
少し後ろに下がって、構えてくれた (笑)。
そりゃ、覚悟いるわねえ。


あ、不苦労 の意味もあるようですよ。

そうだよね、福招きたいね。




日本画家 武田 修二郎
武田修二郎 画家

もう、何年前になるかなあ

京都の八坂神社のすぐ前のお店
Ki-YsnStuzio
ロックな芸術家 キーヤンこと木村英輝のお店で
彼と出会った。

笑顔で、よく話し、優しくて強い人。
絵は見ず、お人柄でお付き合い始めた。
個展?え、日展入賞?
繊細で、空気が巻いているような 美しいラマ、つぶらなゆれる瞳の手長猿
魅入ってしまい、心静かになる植物画。

我が家には、主人が欲しくて先生が描いたポップなピンクのフラミンゴが
玄関でこちらを見ている。 武田さん元気?と見るたび挨拶。

先日うかがった名古屋での個展、「眼差し」50号の前で
武田せんせいの笑顔。
久しぶりでも全く変わらぬその態度、笑顔。

武田 修二郎 / 日本画家

1976年兵庫県に生まれた。
幼少期から絵を描く事に興味を持ち、京都の芸術大学にすすみ、
日本画を学んだ。卒業後、日展に初入選を果たし、その後も
入選、特選などを重ね、現在、京都を拠点に活躍している。
「模倣ではなく、スケッチをしてモチーフと向き合い、楽しく筆が運ぶ
物を描き続けたい。描きたいものを描くのでは無く、
今描けるものを描きたい。」と
孤高のキャンバスに対かっている。