みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役。
美術館・水族館・デパ地下と
固めのバームクーヘン大好き。

いつか、大きな鯉を抱きしめてみたい!
無謀な大きな夢はいつ叶うやら・・・。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとんとハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード




金魚がどうもこの2週間パクパク苦しそうだったのに、
いま世間ははそれどころじゃあない、我慢しろ!
と、ほっておいたが
いかん、いかん、もの言わない彼らは、そのままでいるしかないんだ。

さっき昼休みに思い切って 水槽の苔を落とし、水を換える作業をしていると、
「パリッ」
・・・・は?・・・・割れた。なんで? 水槽にぺキッと筋がはいってしまった・・・。

いま、バケツの中にいる金ちゃんは、内側をくるくる元気に回ってる。

水・みず、大切な水。
スポンサーサイト

土曜の午後 いま、自分にできること

13時までの医院の仕事が終わり、地震の事、放射能など今の状況をネットで調べていたら

電話が鳴り、いつもなら土曜の午後はマンションの勧誘や、あなただけにお得な情報、とかまことに妙な電話ばかりで、電話に出ないが、

なぜか 「おう、困っている人がいる!」
・・・と、つい、反射的に受話器とったら 
   
「足をねじってしまい、診てくれないか」

・・・・いま、自分ができること、それだった。

外出した医師の主人をおそるおそる携帯で呼び戻し、カルテを探し、医院を開け、、、、

 先ほど診察して 湿布して包帯で芸術的にきっちり巻いてまいて、、患者さんは無事お帰りになった。

いま、東北の災害現場には飛んで行けない。

でも、いまは 一人でも多くつらい人を助けること。 
なんだか上手く言えなくて つらくても、自分が動ける範囲でできることをやるしかないのだ。





悩んだ。
また連絡すべきか、だって支援の手段がまだ見つからない。
でも、こちらは雪よ、・・ガソリンがもうないですけれどねとメールをまたいただいて、、、。
思いきって岩手へ電話した。
 「ああ、よかったメールを送っても返事ないから心配していたんですよ。
元気な声を聞けて嬉しい」
語り部の牛崎さんにも電話してみた。
「わああ~!」と驚かれた。
こちらのみんなも何かしたいと思っている、でも、実際何も出来ずに本当にごめんなさい。
 「そういうふうに思っていて下さっているとわかっただけで、どんなにか元気がでたか!ありがとう嬉しいよお。」

元気な声・・・そうか!

思うことをきちんと相手に伝えること か。
カッコつけることなんてないんだ。 ばかだな私。
  相手が考えることだ。

浜松国際ピアノアカデミーも、20日日曜日のコンクールまでの予定が16日水曜日午前で、急きょ中止となった。
こんなときに 音楽なんて、聴く気もないとんでもないと、思う人もいて当たり前。
でもこんな時だから、大好きなピアノの音を聴かせてほしいと、やめないでと
連絡してくださる方もいらっしゃる。

判断するのは主催者。
悩んだ。
みどり音楽企画では 4月からの公演予定通り行うことにいたしました。ホームページに載せています。
ピアニスト岡田さんと昨日長い時間、そう、横山幸雄さんとも話しました。横山さんは九州と広島行ったり来たり でも、元気だよと。チャイルド・フッドの森くんも臼田くんも元気。臼田君のお家は千葉、揺れて大変でしょうに静岡の地震を心配してくれる。安部まりあさんも元気な声をきかせてくれた。
谷辺さんはなんと日本に帰っていて驚いた。戸田弥生さんも、ヴァイオリンも無事元気。先日ルチアを芸術的に歌い上げたソプラノの佐藤美枝子さんも元気な声。 假屋崎さんも、被害に遭われた皆さんのことを心配していた。
 
もちろん音楽だけではなく さまざまな職業のかたがこれからを心配している。
なにか、自分の中に希望と目的をもって、先を見て、いま出来ることを頑張ろう。

たくさん悩みながら、私も頑張る。





東日本大震災  どうすればいい?


なんてことになってしまったんだ。

走っている白い車が津波に飲み込まれる今、まさにその映像をテレビで見ていて

「ああ、ああ、逃げて 逃げて 」としか言えない・・手で口を覆い、涙があふれ出る。

2011年3月11日2時46分、電話の履歴が残るピアニスト岡田将さんと電話で4月2日のピアノリサイタルの打ち合わせをして電話を切った瞬間だった。私の住んでいる浜松はほとんど揺れなかった。
大急ぎでテレビをつけるともうそこには ・・・言葉にならない いや、本当にひどいとどうしていいかわからないで立ちつくしてくいいるようにテレビを見ているしかないのだ。
現実に、夢や映画ではない、現実にこの我が国日本の大好きな東北の方々が住んでいる岩手県、茨城、福島、青森中心になんということが起こってしまったんだ!!!

3月19日にリハーサル、20日に岩手県花巻市の花巻駅から車でも5~6分の美しい宮沢賢治記念館の広く清々しいティールームのホールで「賢治と遠野」開催記念の講演会とピアノコンサートを開催すべく館の伊藤順子さんと、副館長で朗読をしてくださる牛崎さんとも連絡を取り合って、美しいチラシが手元に届いたその翌日に、この大惨事。
なんと、その花巻の伊藤さんと12日に電話がつながり「大丈夫ですよ、記念館も破損はたいしたことはないし、でも、ガラスケースに入っている賢治のチェロと楽譜立ては出して保管しましたよ、大丈夫ですよ。お客様に大声で地震ですからと叫んで、ストーブ消すのに走り回っていたけど」でも聞けば停電で、断水、食料も・・・という。
なのに、「そちらは大丈夫ですか、浜松は?このコンサートはやりたいね、」と!
もう、言葉がない。なにを言うべきか、話していて泣けて言葉が見つからない。
・・ご自分の身のことより私の身や遠く離れたこちらのこと、そして準備してきたこのコンサートのことを熱く語るのだ。
なんてことだ。 東北の方々の、控えめでいて心の奥の熱い情熱、相手を想う気持ちの大きさを改めて知るこの言葉。岩手町の岩崎幸子さんとも電話連絡がとれ、「大丈夫だよお、それより浜松は大丈夫?」と、こちらも私の心配をしてくださった。「みんなに伝えるね、横田さんが電話くれたってこと、ほんとにありがとう」
・・・なんという言葉。
この方々にわれわれが一体何が出来るのか、なにをせねばならないのか。

東京に住む息子は「俺は大丈夫だよ、でも1時間おきくらいに揺れるけどね ほかのところは大変なことになったね。。。」と。フレンドシップアーチストの皆さんとも電話やメールで安否の確認もできた。
 宿泊先の花巻温泉のホテルからも今日次々電話が入り「申し訳ございません」と、色々な配管が破損して安心してお客様をお泊めすることができません、本当に申し訳ありませんと、ひたすらお詫びしますと。

詫びたいのはこちらだ。

生きるための食料、水、毛布や生活用品すらない方々の助けが出来ないなんて!!










假屋崎省吾×横山幸雄 花とピアノの華麗なる世界 名古屋

こちらは、「ピアノと花の華麗なる世界」名古屋版の紹介
以前2009年10月に浜松市浜北区で行い、感動と驚きと2人のトークもあり楽しさ満載の公演でしたね。

3月10日木曜日 に名古屋の愛知県芸術劇場で 華道家の假屋崎省吾さんと、ピアニスト横山幸雄さんがコラボレーションいたします。 ・・・もうすぐじゃあないか!
Ⅰ部は 横山幸雄氏のオールショパン ・・・ショパンのスペシャリスト横山幸雄による「華麗なる大円舞曲」から始まり「ノクターン」や「バラードの1番」など名曲が予定されています。
Ⅱ部はなんと、假屋崎さんによる ピアノソロ演奏が!そして、スペシャルとしてお二人によるピアノ連弾も予定していますのでお聴き逃しなく。お2人が仲良くピアノ椅子に並んだ姿を是非拝見したい。
横山さんの弾く珠玉の名作リスト:「ラ・カンパネラ」に合わせて どんな花を生けるのでしょうか?假屋崎さんの手から生み出される芸術作品をライブで、目の前でお楽しみ下さい。
そのほかにもお客様へサプライズがありそうですよ。
  
そして、假屋崎省吾さんは明日3月4日金曜日の10時53分から
  中京テレビ「ラッキー・ブランチ」に出演します。名古屋方面の方、見てみてくださいね!

「假屋崎省吾×横山幸雄 ピアノと花の華麗なる世界」
2011年3月10日木 18:30開演 愛知県芸術劇場コンサートホール 
主催:中京テレビ放送、FM AICHI
お申込み・お問い合わせは 中京テレビ事業052-957-3333
チケットは ぴあやイープラス、ローソンチケットでも販売中のようです。



宮沢賢治記念館 「遠野と賢治企画展開催記念の 講演会とピアノコンサート」

今、岩手県花巻市の宮沢賢治記念館で行われる 公演について打ち合わせ大詰め。

2011年3月20日(日曜日)この日は企画展 「遠野と賢治」開催記念の
講演会とピアノコンサートなのだ。
10時30分~12時 佐藤竜一氏による講演「宮沢賢治と新渡戸稲造・エスペラントをめぐって」

13時30分~15時   松岡 淳氏によるピアノコンサートと、牛崎敏哉氏による詩の朗読
 ここで、生誕200年のリストイヤーである今年、リストの名曲が弾かれます。昨年はショパン生誕200年でしたから有名なショパンの曲も弾きますヨ。朗読も、あの、あの名作がっ!
朗読とともにそのシーンに合わせてピアノの名曲が流れ、(もちろんライブで松岡氏が弾きますが)その内容の情景が浮かぶ素晴らしいコラボレーションの時間もあります。

演奏曲目や詳しいことは近日中に、このみどり音楽企画ブログでもお知らせしますが、
お申込みやお問い合わせは 宮沢賢治記念館 0198-31-2319 へどうぞ!