FC2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役社長。
東北・九州・美術館・水族館・デパ地下好き。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとん・ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



 ジョセフ・リン ヴァイオリンリサイタル 「魂のシャコンヌ」


こんなに大きく書くのには意味があります。  何?って、こんなに心まで洗われるヴァイオリンの音色と美しい音楽を初めて聴きました。そうです、素直に感動したのです。 ヴァイオリン珠玉の曲の数々・・・。言葉が出ず、ため息が漏れそのあと割れんばかりの拍手!兵庫県立芸術文化センター大ホールほぼ満席の2階はじで聞いてなお、感動の空気が見下ろすお客様からも伝わる。是非、多くの方に知って頂きたくてあえてここに書きます。 彼のヴァイオリンは彼と共にあり、ジョセフ・リンはヴァイオリンと共にある、そう思いました。自然に、なにも大げさな動きもなく、ただ音楽を奏でるその姿の美しいこと。無伴奏のイザイ:ソナタ第3番からはじめ、バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番 ううっ、息を呑みつつ、しかも体がリラックスするって、どういうこと?!そう、演奏方法に無理が感じられないのです。 だから、聞いていて疲れない。 ああ、もう一度聴きたいけれど 抜けられない仕事だ。。。火曜日(21日)白寿ホールで19時開演、まだチケットあるそうですので、聴きに行ってみてください。                                       後半は名サポート、松岡淳さんのピアノ。あたたかく共にいい音楽を作るその姿はヴィエニャフスキ:物語作品17や、バッジー二:妖精の踊り作品25 などにもよく現れていました。 目が回るほどのテクニックも素晴らしいジョセフ・リン。 ああ、来年が待ち遠しい~~。 サイン会なんて、数え切れない長蛇の列。そりゃそうでしょう、聴いて並んだ方は私と同じ「何かを感じて」のことと思います。 ご本人は大変な好青年。 ジュリアード大学プレ・カレッジ~2000年ハーバード大学神学部卒業? ひぇ~っ。  すごい拍手で迎えられましたよ。 今日の日に彼に出会えたことを神様に深く感謝します。ホントです。 松岡さん、素晴らしい芸術家との出会いをありがとう~~お疲れ様でした!!

スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://midoriongaku.blog71.fc2.com/tb.php/101-ecdfa41c