FC2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役社長。
東北・九州・美術館・水族館・デパ地下好き。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとん・ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



松岡淳ピアノリサイタル終了!

  昨日は今年を締めくくる素晴らしいマレキアーレコンサートでした。 ショパンのワルツ64-2,から始まり、エチュード25-1,10-5と 「浜松は先日まで行なわれたピアノコンクールでエチュードはたくさん耳にしたでしょうけれど、今夜は松岡淳の音楽でお楽しみ下さい」 とご本人からお話されたようにまさに松岡さんの色のエチュード。 松岡淳さんのブラームス118全6曲は土のにおいのする、生命力溢れる内容。全曲弾くからこそ見えてくるものがある。一音一音の無駄のなさ。 


圧巻は後半のシューマン: 謝肉祭!!聴きながらドキドキしました。センスのいい曲構成・艶やかな世界。シューマンについてや曲解説を初めにお話されてからなので自然に曲に入りやすい。松岡さんは一年前に弾くとお約束したこのみどり音楽企画マレキアーレでの今夜の為だけにこのシューマンの謝肉祭を準備して持ってこられたそうです。この前も今後も今の所弾くご予定はなく、その想いに頭が下がりました。 松岡さんにかかると一段と当ホールのピアノが鳴~るなる。 アンコールはバルトークの3ツのチーク地方の民謡、なんと突然ショパンエチュード10-4!、モーツアルト:トルコ行進曲でした。お人柄もよく、先生らしくわかりやすい解説を交えながらの熱い演奏。素晴らしい一夜でした・・・休憩時間にお茶とクッキーなどいただききながらお客様も「すごい、すごい」の連発で喜んでいただけた様子。来年3月にはブラームスの小曲集のレコーディングが予定されています。 彼のCD楽しみですねえ。  車が大好きな松岡さん、東京から車で来たのって、??え~っ、お土産はサービスエリアのですみませんだなんて、そんなに気を使っていただいて。そんで、今朝は7時には出発ですって。気をつけて帰ってくださ~~い。  


スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://midoriongaku.blog71.fc2.com/tb.php/110-59b942a6