fc2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役社長。
コーヒー・ナポリタン・モンブラン・お肉・杏仁豆腐好き

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。

お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



日本ラグビー 勝利おめでとう!!!


よくがんばった!

試合内容の素晴らしかったこと!! 泣けました。

本当にありがとう!!!


【9月20日 AFP】ラグビーW杯イングランド大会(Rugby World Cup 2015)は19日、プールBの試合が行われ、日本代表は34-32で過去2度の優勝を誇る南アフリカ代表を下し、大会史上最も衝撃的な結果を残した。

 ブライトン(Brighton)で行われたプールBの初戦で、日本は試合開始直後から活気づくパフォーマンスをみせてスプリングボクス(Springboks、南アフリカ代表の愛称)を攻め立てた。

 五郎丸歩(Ayumu Goromaru)の見事なトライを含む24得点の活躍で試合に踏みとどまった日本は、試合終了間際に南アフリカの必死のディフェンスをかいくぐると、カーン・ヘスケス(Karne Hesketh)がトライを決めて白星を挙げた。
大会後に退任するエディー・ジョーンズ(Eddie Jones)ヘッドコーチ(HC)は「素晴らしい偉業だ。われわれはこのために頑張ってきた。個人的にはラグビー人生でもトップクラスで最高の日だ」と語った。

 大勝を見込んでこの試合に乗り込んだ南アフリカだったが、日本は決して服従することはなかった。

 2019年のラグビーW杯(Rugby World Cup 2019)を開催するアジア王者の日本は、これまでのW杯では1991年大会のジンバブエ戦で1勝を挙げたのみにとどまっており、通算成績は1勝2分け21敗だった。」


・・・・・・この通算成績からみても、この試合は奇跡的。
ありえない、らしい。
でも、ありえない、ことも起こるのだ。
勝利の女神を引き寄せた空気。
ひたむきな選手全員の、勝利へ向けての意思。

ライブではないものの、昨日テレビに釘づけ、試合をみていた。
とられた、とりかえす、またトライ、反則からのチャレンジ
五郎丸選手の正確なキック、
も~、独特の構えをする五郎丸歩選手に、愛おしさをも感じる。
「なんだかこれ、すごい戦いだ・・・・」

私の横には、若かりし大学時代ラグビー部の主将だった主人が 
実にわかりやすい解説を加えながら
一緒に画面を見つめる。
「上手いな、ああ、あのタックル。ああじゃなきゃダメなんだ膝から下、下だよ。上手い。
う~ん、パス、いいパスするねええ。」
主人の経験を交えた独自の解説と、興奮気味のテレビの実況解説とが入り混じり、
私の質問が飛び交い、興奮のるつぼ。

基本的なルール、パスは前にはだしてはいけないとか、キックは3点、トライは5点とか。
そうか、で、なんでわざわざボール横に蹴って場外に出すんだ?
てんの取り方にも駆け引きもあることなど、もうどうなってんのかわかりにくくなっちゃうけど
それだけ内容がエキサイトしてきて私までもがパスされたボールを誰かにパスしたくなるような一体感。
右に左にと連携の強いきずなのパス。
スクラム組んだ上半身の盛り上がり、素晴らしい大腿の筋肉に目が行くのは仕方ない。

あ、口のなかに赤いの塗ってるんだね、
「・・・血だよ   歯、欠けてんじゃないか 」
と さらりと主人。 

うわ~~~ん、やはり実際やっていた人は強いヨ====。

手に汗握る攻防。相手の反則が増える。
それだけ南アフリカは焦っているのであろう。
それなのに我が日本は美しいプレーに徹し、最後のトライを決めた瞬間に
わたしの中の何かが、パ=っとはじけた。

もうこの連休が終わったような燃え尽き感。

は~、素晴らしかった。
桜の戦士たち、本当にありがとう。

次回の戦いも応援します!!!

2019年に日本招致したんでしたね、応援します。








スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://midoriongaku.blog71.fc2.com/tb.php/1124-c3ed2bf5