FC2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役。
東北・美術館・水族館・デパ地下好き。
珈琲の中ではモカが一番だナ。
探してるのは固いバームクーヘン。
日々金魚の金ちゃんに話しかけては
尾びれで水かけられて嬉しい毎日。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとんと筑前煮、
蓮根きんぴら、
ヒレカツ、ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



仙台クラッシックフェスティバル
10月2日、仙台に行きました。
せんくら最終日だったのです。

「仙台クラッシックフェスティバル」 とは、
せんくら という愛称で親しまれ 毎年 秋に開催されるクラッシックのお祭りです。
今年は9月30~10月2日

主催は 仙台市、公益財団法人仙台市市民文化事業団、仙台交通局 ほか

仙台にはプロのオーケストラがあり、年に一度仙台国際音楽コンクールもあります。
オペラや合唱を愛好するたくさんの音楽団体があります。
このような仙台で育まれている音楽的財産をもっと多くの人々で楽しみ、身近なものにしたい・・・。
このような想いがスタート時点でした。

だれでも気楽に楽しめる音楽フェスティバル として今年で11年目。
仙台市内の会場、地下鉄の駅がクラッシック音楽にあふれる3日間。
好きな音楽とおいかけて公演をはしごしたり、ショッピングのついでに公演をのぞいてみたり、
お子様と一緒に音楽に浸ったりと、ライフスタイルに合わせてお楽しみいただけます。

1公演45~60分

1公演¥1,000~¥2,000

赤ちゃんや小さなお子様も楽しめる公園がたくさんあるから、家族みんなで楽しめる。

オーケストラや室内楽など、楽しみ方いろいろ。

コンサートのはしごが楽しめる。

  このように公式サイトにあります。

仙台駅の、牛タン通りは観光客の長蛇の列でどこも無理。諦め
会場に向かう。
地下鉄南北線へ地下道直通・・あれ、アカペラがきこえる。。。
美しい声だ。
ここでも やってる。響くなあ、
地下鉄駅コンサート 公募30団体によるクラッシック音楽のコンサート
 ちょうど合唱団Epice のリハ中

自前の椅子持参し かぶりつきの男性もいる。
10名くらいか。。
いいなあ、と、ふと立ち止まって聞いて
目的地に向かった。


会場のひとつである 太白区文化センター 展示ホール
15時30~16時15分
高橋 敦 トランペット・金井玲子 ピアノの演奏を聴きました。
フラットな会場 舞台横には大きな花瓶に美しい生花が生けてあり、無機質な空間にホッとする優しさが生まれる。

東京都交響楽団 主席トランペット奏者の高橋さんは 白のTシャツ、黒のジャケット
楽器2本片手に颯爽と現れた。
ハイドンのトランペット協奏曲 第1楽章からはじまり、
シュトラウスⅡのこうもりから ふるさとの調べ、メリーウイドウのヴィリアの歌
・・・これには驚きましたが、優しく柔らかく歌うように吹く。
トークも交えて なかなか熱い内容、ほんとに素晴らしい奏者です。

小さな子供さんを連れた若いお母さんお父さんも、着物を着ておしゃれした方も
様々な客層。150くらい?満席。ぐずり始めたら静かに外に出るし、さらっと始まり大きな拍手で終える。
CD販売とサイン会。マナーもいいし自然に過ぎていく。

会場の目の前、徒歩1分の長町駅のとなりには商業ビルおいしいお店たくさん、そう
仙台といったら牛タン 「利久」もある。 初めて食べた牛タン極み、のメニューは肉厚で柔らかで最高においしい!

そうそう、早めに着いたので近くの事務用品と文具のお店 「赤井沢」をのぞくと
衣料品からノートからかわいい置物から、ないものはないくらいの品ぞろえ。
とても面白くていろいろ、¥6,000超え買ってしまった。すると、たくさん買ってくださったからおまけです、と、
緑色のかわいいハンカチをつけて下さり ええっいいの?わ=。
思いがけず うれしいじゃあないか。

いい街だなあ、仙台。  おいしい優しい楽しい。

同じように 浜松も音楽の街。

今週 末の 10月8.9は「やらまいかミュージックフェスティバル」

JR浜松駅周辺30ステージ! 353組 1482名が出演。

市民がつくる音楽祭。

主催は やらまいかミュージックフェスティバル実行委員会 みんな頑張ってる。

 




スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://midoriongaku.blog71.fc2.com/tb.php/1193-1bc2b125