FC2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役社長。
東北・九州・美術館・水族館・デパ地下好き。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとん・ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



サイトウキネン・オーケストラ・ブラス・アンサンブル

18日、東京紀尾井ホールは熱い熱い歓声とため息と笑顔に包まれた。

赤い上着を着て元気に駆ける 小澤征爾氏も客席から飛び入り参加され、
なんと豪華なこと。

選曲もこだわっていて、編曲も面白くて演奏者は大変でしょうけれど
とても贅沢で、ききごたえある。
1曲目に、パーカッションの竹島さんの顔がほほ笑んでいるように見えた。
これは、このメンバーは楽屋でもいい雰囲気なんだなあとすぐ感じ、
どの人もうまくて驚いちゃいながら前半あっという間に終え
興奮して知人と話しているうち後半始まる。

ジョン・ウイリアムズの、
ブリリアントでビシッと決めるオリンピックファンファーレ聴いていたら
カッコよすぎでキューンときて、泣きそうになった。。
なんてことだ。こんなこと久々で、新年早々いい感じだなあ~。

サイトウ・キネン・オーケストラ・ブラス・アンサンブル
日本を代表する指揮者 小澤征爾氏が絶大な信頼を寄せ、世界中の一流プレイヤーが集う
サイトウ・キネン・オーケストラの金管、ティンパニ&打楽器セクションのプレイヤーたち。
「このメンバーでもっと演奏したい」というメンバーの声が一致して、この日から始動。
セイジ・オザワ 松本フェスティバルの名をさらに全国に広めるべく、全国各地で演奏会を開催する。
・・・プログラムより引用

東京公演1月18日紀尾井ホール
19日は松本のキッセイ文化ホール
21日は広島のエリザベト音楽大学セシリアホール 
22日は水戸芸術館コンサートホールATM

【曲目】
プレトリウス:テレプシコーレ舞曲集 より
モーツァルト:ホルン協奏曲 第3番 変ホ長調 K.447 より 第3楽章
 (ホルン独奏:ラデク・バボラーク)
ワーグナー:楽劇《ニュルンベルクのマイスタージンガー》より 第1幕への前奏曲
ジョン・ウィリアムズ:オリンピック ファンファーレとテーマ
メンケン:ホール・ニュー・ワールド~映画『アラジン』より~
 (フリューゲル・ホルン独奏:ガボール・タルコヴィ)
ジョン・ウィリアムズ スペシャルセレクション
 スーパーマンのテーマ/ダース・ベイダーのテーマ(インペリアル・マーチ)/
 レイダース・マーチ/JFK-プロローグ/
 スター・ウォーズ組曲〈王座の間とエンド・タイトル〉より ほか

アンコール・・・ないしょ。

【出演者】
トランペット:
ガボール・タルコヴィ/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団首席
カール・ゾードル/グラーツ交響楽団首席
高橋 敦/東京都交響楽団首席
服部孝也/新日本フィルハーモニー交響楽団首席

ホルン:
ラデク・バボラーク/フリーランス、水戸室内管弦楽団
阿部 麿/フリーランス
勝俣 泰/NHK交響楽団

トロンボーン:
ワルター・フォーグルマイヤー/ウィーン交響楽団首席
呉 信一/京都市立芸術大学名誉教授、東京音楽大学教授

バス・トロンボーン:
ヨハン・シュトレッカー/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

チューバ:
ピーター・リンク/仙台フィルハーモニー管弦楽団首席

パーカッション:
竹島悟史/NHK交響楽団

だれが良かったって
柔らかで話すようなトランペットのガボールさんに超惹かれながらも、
トランペットの高橋敦さんに決まってるじゃないの (笑

・・・空を駆け抜けるような音、息をしているような自然な発音、すばらしい。

スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://midoriongaku.blog71.fc2.com/tb.php/1256-b8859f0b