FC2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役社長。
東北・九州・美術館・水族館・デパ地下好き。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとん・ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



宮本文昭オーボエリサイタル

宮本文昭オーボエリサイタル 昨日チラシはさみのあと、18時30分からアクトシティ浜松中ホールで聴いてきました。


プログラムは ベートーヴェン:「オーボエソナタ」原曲ホルンソナタ、シューマン「アダージョとアレグロ」ドニゼッティ:とサン・サーンスそれぞれ「オーボエ・ソナタ」  アンコールにトーク交えて「シシリアーノ」「白鳥」「明日の記憶」「かざぶえ」「夢のあとに」 彼のオーボエの感想は、よどみなく引っかかることなくサラサラとすすんで行く。同じ太さで下から上まできっちりとした音程、危なげなくサラリと艶のある美音で演奏する。高音部の美しさは特に素晴らしく、後半のドニゼッティなどは情感豊かに歌い上げるかのようにゆさぶり、あっという間に本プロ終了。アンコールと題して明らかに第3部。  シューマンのアレグロとアダージョは、以前クラリネット奏者の松本健司さんと横山幸雄のピアノで聴いたインパクトが強いだけに、今回のはなんだかまったりと時間が過ぎていて、え?コレ同じ曲? 奏者、楽器が変わるとこんなにも異なるのかと妙に感心。 ピアノは山洞智氏、息のあったいいサポートでした。宮本氏はファイナルコンサートと銘打って全国ツアー中。 お話もた~くさんされ、「ナゼやめるのか?とよくきかれる。その理由は、辞めないでといわれるうちに辞めたい、いいうちに辞めたいのです。オーボエ中心ではない音楽会企画や、オーケストラの指揮をするのも楽しみです。3月中には本も出します。」 「4月1日新生宮本として展開していきたいので、期待していて下さい!」とのトークで、締めくくりました。これからの宣伝もしっかりなさる、う~ん、スバラシイ。 


・・・そうですね、演奏家のかたは いつまで現役で居るのか、居られるのか、居ようと思うのか考えるでしょうね。それは演奏家だけに限らず、スポーツ選手なども明らかに引退の時を悩み、考えるでしょう。 人間引き際、良い辞め方とは?という事を はたと考えさせられた公演でした。 でも、私、要はメインを辞めてからあとが大事だと思うのです。そこからがどう生きるかです。  演奏、聴きに行ってよかった。 次は13日の土曜は静岡AOIの室内楽、ヴァイオリン目当てで聴いてきま~す。

スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://midoriongaku.blog71.fc2.com/tb.php/127-8d4142b4