FC2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役社長。
東北・九州・美術館・水族館・デパ地下好き。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとん・ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



演奏会二つ

東京は生暖かく、本当に一月か?と思ったこの土日でした。


土曜はオーチャードホールでのオペラ「ボエーム」 パーカッショニスト池上英樹さんと聴きましたが、大変に熱心に聴いておられましたねえ。彼はオペラもたくさん勉強しておられるので、興味津々のご様子。 有名なアリア「私の名はミミ」や、ロドルフォの「冷たい手を」そして、ムゼッタの「私が街を歩くと」なんても~~、聴き所満載の1.2幕。休憩25分そして3幕、休憩20分そして4幕。 いゃ~~長調夫人え、ちがう、「蝶々夫人」もそうですがプッチーニの音楽素晴らしい。素直に聴いてるだけで泣けるようにできていますもの、音楽作りが。 なのにっ、しかしながらミミは今回は泣けませんでした。 ただし佐藤美枝子さんの声は大きく張り上げなくても丸くてブレスも大きく美しい。心に届く音楽。純粋な可愛いムゼッタでした。ああ、そう、浜松で9月に行なわれる市民オペラも「ボエーム」。楽しみです。


日曜は銀座王子ホールで柴田かんなさんのピアノリサイタル。小橋稔氏の作品で全てまとめた内容。夜想曲、蛍草(ほたるぐさ)、しちへんげ、ピアノのための三つの断章。


柴田さんは桐朋学園大学演奏学科ピアノ専攻卒、エンジの光沢あるドレスで登場した柴田さん。私は彼女が大好き!彼女の音楽に対する真摯な姿勢は文句のつけようが無く清々しく、その姿も美しい。 蛍草においては語りが入りましたが鹿児島で育った私にこれを批評させてはいけません。 知覧(ちらん)の特攻基地のことや、「僕は明朝出撃しますが、おぼえていてください僕のことを、僕は必ずや蛍になってお母さんの所に帰って来ますから」とのくだりで、もう、その風景が目に浮かび涙が、涙がこぼれないはずがありません。好みとしては大島紬着て、座って朗読してくれなかったのかが、チョット心残り。 知覧の武家屋敷跡と、特攻基地資料館?でしたっけ、は一度行かれるといいです。真っ白い歯の笑顔で写っている若い若い特攻隊員の写真や、大変な達筆(たっぴつ)直筆の遺書も多々展示してあります。 ・・・悲しい思いだけではありませんよ、熱い夏観光に行くと「むらさき芋アイス」もおいしいんだから。水路には人懐っこい錦鯉も泳いでるんですから。


スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://midoriongaku.blog71.fc2.com/tb.php/133-b982a5a5