FC2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役。
美術館・水族館・デパ地下好き。
珈琲の中ではモカが一番だナ。
探してるのは固いバームクーヘン。
日々金魚の金ちゃんに話しかけては
尾びれで水かけられて嬉しい毎日。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとんと筑前煮、
蓮根きんぴら、
ヒレカツ、ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


内匠 慧 & 務川 慧悟 ピアノコンサート
IMG_3598 (1)

7月21日 名古屋伏見の
電気文化会館 超満員!
この2人のコンサートは今回で5回目。私は初めて聴きましたが
もうそれはそれは驚きの連続。

この 写真は、終わってお客様が帰られたあと、ホッと一息の2人です。
よく話し、笑顔が溢れるこの新進ピアニスト、大注目!
ま==こんな優しい笑顔ですが、信じられない位ハードな内容の公演。

内匠くんの リゲティ:ハンガリー風ロックや
モーツアルト=ファジル・サイ:トルコ行進曲
は圧巻。 低音から高音まで生き生きと、自然に呼吸するこの人は
底なしのアーチストだ。
西村 朗の「星の鏡」という心打つ音楽を初めて知りました。
奏法の不思議や響きの謎もご本人教えていただき納得。

務川くんのリスト:ラ・カンパネラは華麗で緻密。
音の粒がすべてきこえる、目で見えるかのような目を見張る素晴らしさ。
しなやかな指運びと構成力の確実さは、また格段と成長してとどまるところを知らない。

ブラボー飛び、興奮の場内。
これだけ弾いたあとアンコールなんてあるのか?
と思いましたが、さすが青年たちはまだ弾くッ。
ラヴェルの道化師の朝の歌
そしてなんと、内匠くんにおいては即興!!!
おかしいな、ラヴェルじゃないし、現代曲だな・・・え?クラッシックに即興!

型破りな、スケール大きい2人の名演奏を聴くことが出来て
興奮冷めやらない名古屋の夜でした。
テレビ局も入っていましたよ。
主催の川村ご夫妻にも心から感謝です。

東京はじめ、全国の皆さんにも聴いてもらいたいなあ。
ホントに驚くよこの実力。

務川くんは1993年生まれ。愛知県立旭丘高校~東京芸術大学~パリ国立高等音楽大学院在籍中。
日本音楽コンクール第1位はじめ多くのコンクール受賞歴。
当方のマレキアーで高校3年時リサイタル行いましたね。
内匠くんは1992年生まれ。愛知県立旭丘高校~東京芸術大学~英国王立音楽院。
第8回浜松国際ピアノコンクールのファイナリストでもあり、全日本学生音楽コンクール第1位など数々の受賞歴。

■プログラム
ベートーヴェン:ポロネーズ(務川)
リゲティ:ハンガリー風ロック(内匠)
プロコフィエフ:束の間の幻影 全20曲(内匠 務川)
ラヴェル:耳で聴く風景(2台ピアノ)
1.ハバネラ
2.鐘が鳴る中で
     夜のガスパールより「スカルボ」(務川)
西村 朗:星の鏡(内匠)
波打つ鏡(2台ピアノ)
ドビュッシー:アラベスク第1番(務川)
   第2番(内匠)
ショパン:子犬のワルツ(務川)
猫のワルツ(内匠)
リスト:ラ・カンパネラ(務川)
ラフマニノフ:プレリュード「鐘」(内匠)
モーツァルト=ヴォロドス:トルコ行進曲 (務川)
モーツァルト=ファジル・サイ:トルコ行進曲(内匠)
カプースチン:「8つの演奏会用練習曲」より
5.からかい(務川)
8.フィナーレ(内匠)
ルトスワフスキー:パガニーニの主題による変奏曲(2台ピアノ)

お二人ともマレキアーレにおいでくださいね。
うちのピアノが、弾いてもらうのを待っています。



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://midoriongaku.blog71.fc2.com/tb.php/1346-98f3df79



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。