みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役。
美術館・水族館・デパ地下好き。
珈琲の中ではモカが一番だナ。
探してるのは固いバームクーヘン。
日々金魚の金ちゃんに話しかけては
尾びれで水かけられて嬉しい毎日。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとんと筑前煮、
蓮根きんぴら、
ヒレカツ、ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



キュンとする、ピアノ 。
IMG_3656 (1)

好きなことをやり遂げるって、素晴らしい。

7月28日に、東京初台のオペラシティで、
今年で7回目になる「 音楽のたまて箱」
演奏あと楽屋での写真。
あれっ?これ、先日のブログの
家康君と直虎ちゃんの感じに似ている・・・(笑)

まず、華道家の假屋崎省吾さんが、ピアノを弾き、
そうですよ、あの、プレバトでも華道の先生としてご出演の、お花の先生。
今年で華道歴35年になるそうです。

数年前から、全国各地で花とピアノの華麗なる世界 と題して
ピアニスト横山幸雄さんと、お花とピアノで共演されていますが、
この日は、假屋崎さんのピアノの先生でもある須江太郎氏とともに、
シューマン 子供の情景より 「異国から」「トロイメライ」
ベートーヴェン 4手ピアノのためのソナタ、3つの行進曲より、第1番
モーツアルトの4手のためのソナタなどなど。。。1時間程度に、楽しいお話も。
ベートーヴェン(ラビノフ編)のエリーゼの為に、は特に感動しました。
以前から音の美しさに驚いていましたが、お二人の息もピッタリで、エレガントな空気。

オペラシティの1000人位多くのお客様の静寂に、
お子さんの泣き声が時折響く中、、、そんな中で、
心乱さずに、集中して呼吸を合わせ、
なにがよいって、曲の最後の締め方の美しさ。
さすが、美の世界の人。
丁寧な所作と曲のまとめにほれぼれする。

  休憩の後はシニアコーラスTOKYOフェスティバル上位入賞
  団体の方々の艶のある歌声が響き、
  海上自衛隊東京音楽隊による ショスタコービッチやマスカーニ、
  最後は宇宙戦艦ヤマトなどでお客様を沸かせました。

お花の仕事で国内外飛び歩いておられるのに、いくらご自宅の
地下にピアノ練習する場所があるとはいえ
須江先生のところにも通って練習し、とにかく深夜に及ぶ練習を積み重ね、
こんなに大きな会場での演奏。

う~~ん、すごいなあ。
聴いていて、なんだか、こんなに努力されている、
男らしい(?!)清らな空気に
胸がキュン となりました。
好きなものに対し、どこかで時間を見つけて努力する、その崇高な姿。。。
こんな有名な方が、こんなに努力しているのに
自分は何してんだ、と。

いや、比べるもんじゃあないけれど

バニラアイスにだーい好きなあずき入れてまったり食べて
コロコロ太ってるばあいぢゃあないゾ。

お花のパフォーマンスは一切せず、この日はピアノに集中。
「恥ずかしいわ。まだまだ練習しなくっちゃ。
も===ッ。」
としきりに言い続けておられました (笑)。

この後、翌日からミュンヘンに行かれたそうです。
ハムやソーセージ、ビール、
しばしの休日を楽しんでおられるのかな。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://midoriongaku.blog71.fc2.com/tb.php/1351-81779f04