FC2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役社長。
東北・九州・美術館・水族館・デパ地下好き。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとん・ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ジョセフ・リン ヴァイオリンリサイタル感想

ジョセフ・リン ヴァイオリンリサイタル 昨日11日すみだトリフォニーホールへ行ってきました。 バッハの無伴奏パルティータ第3番ホ長調、さっとステージに現れたかと思うと私の心が構える間もなく、流れるように弾き始め(ま、それもよし)美音で水の流れるような自然さの中、夢のように弾き終えました。 ネクタイにスーツ、チョットブカブカ?のズボンいえ、スラックス。輝く笑顔で頭を下げ、 イザイの無伴奏ソナタ第2番イ短調が始まる。変わった出だしだなあと思うまもなくリンの世界へ引き込まれていく私。 1.妄想 2.憂鬱 3.亡霊たちの踊り 4.復讐の女神たち という題でもわかるとおり、怖くも美しい恐怖に満ち満ちた名曲。 リンはほんっ~とに素晴らしい! 中年女性客を中心に熱い拍手が消えずに20分休憩に入る。「素晴らしいねえ」とあちらこちらで話し声がきこえる。 リンの素晴らしさは一昨年から伴奏をつとめていたピアニストの松岡淳さんからずっと伺っていて、昨年初めて兵庫県立芸術文化センターでの演奏を聴き、あまりの自然な弾き方と美音にびっくりした。ご本人も受けこたえも優しく始終笑顔で、「チョット疲れましたけど大丈夫」なんて言っていたナァ。 今回はご本人とは話しませんでしたが昨年より凄みもでてきたようで音楽がまた幅広く聴こえたし。 今回ピアノのオライオン・ワイスさんは私の全く好みではなくそれは残念でしたがまあ・・・仕方ない。 楽しみにしていたフランクのヴァイオリンソナタはもう、違う相手と演奏していただくのをまた聴きたいなと正直思った。  リンはまた聴きたいなあ。ほんと、リンにまた会いたいなあ。。。。。

スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://midoriongaku.blog71.fc2.com/tb.php/174-f309bf36