FC2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役社長。
東北・九州・美術館・水族館・デパ地下好き。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとん・ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



堀内康雄リサイタル感想

堀内康雄(ほりうちやすお)バリトンのリサイタル、紀尾井ホールへ行ってきました。


彼は慶応大学法学部卒、ミラノ・ヴェルディ音楽院へ留学、94年ヴェネツィア・フェニーチェ劇場の「ラ・ボエーム」でデビュー。デビュー10年目の待望の本格的リサイタルとのこと。あたたかでいて正確、のどに無理の無い発声は聞いていても安心。前半のモンテヴェルディやジョルダーニ、ベッリーニの作品たちはどうもしっくりといかなかったものの、モーツアルトの「窓辺においでよ」「みんなが酔いつぶれるまで」などからおお、いいね~ と、声も出はじめ、後半のヴェルディ「寂しい部屋で」「プロヴァンスの海と陸」トスティの「君なんかもう」などは聴き惚れる。ラヴェルの「ドゥルシネア姫に思いを寄せるドンキホーテ」などはチェロの川崎昌子さんも共演の中、オペラを見ているよう。ラヴェルの美しく躍動的な曲が色鮮やかに表現され、三人が一体となりなんとまあ美しいことか。アンコールの「悪魔め、鬼め」はもう、文句のつけようは無く、最後の「オーソレミオ」は急逝したパヴァロッティを意識してくれたのかなあ、テノールよりブリリアントな声!?お客様は大興奮でした。  ピアノの佐藤正昭さんは最近指揮者としてもご活躍ですが、堀内さんの呼吸を見事に合わせてサポート。  あ、そうそう、隣席の渋いパープル?のスーツを着たおしゃれな方、話が合いましたねえ~~。横浜から来られたとか。またどこかで姿を見かけたら是非お声掛けて下さいっ。お茶しましょうっ!是非っ。

スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://midoriongaku.blog71.fc2.com/tb.php/195-b7690ee4