FC2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役社長。
東北・九州・美術館・水族館・デパ地下好き。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとん・ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



第一回今田篤ピアノリサイタル終了!
今田篤1.

この今田篤 くんの第一回ピアノリサイタルが3月9日に終了しました。ええ、それは驚きの連続でした。第61回昨年ね、いわゆる毎コンといわれる 全日本学生音楽コンクール高校の部で第1位受賞の彼。 サテどんな演奏かしらと期待と期待で(笑)始まった。 初めのバッハのテンポ、指使いのセンスのよさ。ショパンのエチュード10-1小気味いい程良く整った音の粒しかもダイナミックな内容、一転してドビュッシーの半音階の為のエチュードは色鮮やかにその響きの美しさとモダンなまとめ方。ベートーヴェンの「熱情」は次回は是非全曲聴きたいと思わせる楽しみを残す第一楽章。シューベルトの3つのピアノ曲より第一楽章は、いつもでも耳に残る独特のメロディ-ラインが繰り返し出てくる。構成が難しいであろうによくもさらりと弾く。 シューマン!ソナタ第2番のそれは素晴らしい。・・・凄い。 この演奏本当に高校二年生???録音を聴いたら誰しも高校生だなんて思わないでしょう。感動しました。 年齢ではなく、やはりその人の持ったセンスなのかなあ見事に美しく流れていく音楽。  三善晃のこの曲なんて知識がなく、全然知らなかったけれど今田君は一音一音の響きを大事に、間延びせず絵を描いているよう。 ショパンのバラード三番をアンコールだなんてしゃれてるじゃないのっ。  
演奏の後、皆さんの前でのトークタイムで「演奏してみてどう感じましたか?」に、まさに緊張した様子で「今のほうが緊張しています。」  そうか、そうか、いいなあ~~、17歳。ぺらぺら喋らず音楽で語る今後の今田君の芸術を楽しみに、応援しています。 
リハーサルの時、高校の制服でご来場。そのまま弾いてる姿はまさに神聖なひとときでした。
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://midoriongaku.blog71.fc2.com/tb.php/246-4cfd0dbd