FC2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役社長。
東北・九州・美術館・水族館・デパ地下好き。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとん・ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



横山幸雄 ショパンエチュード全曲他 東京オペラシティ 感想 
「横山幸雄 ショパンを弾く」 東京オペラシティショパンシリーズ 第一回 若き天才ショパン  と題して このみどり音楽企画にもよく登場される ピアニスト横山幸雄さんの エチュード全曲を中心とする 演奏会がありました。
 
~3部構成~
1部 バラード一番・ワルツ一番・夜想曲第20番・幻想即興曲・アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ
2部 3つのノクターン・12の練習曲 作品10
3部 12の練習曲作品 25 とアンコール8 曲!

いやもう 圧巻。
実は一週間前にお会いし、この公演にかけるその集中具合をも目前で聴いて確認しましたが、そんなもんじゃない正直・・・ 驚きました。
このオペラシティコンサートホールという場所、満員の聴衆、全てに於いて、計算され組み立てていく美しさ。 横山幸雄を感じ、そして全てが終わるまで固唾を呑んで見守っているファンの顔、空気もこの演奏会をみんなで作り上げるんだといわんばかりに盛り上げていく、そんなムードに自然となっていく全部で3時間弱。  演奏たるや フォルテからピアニシモに至るまで目を見張るほどの整えられた美しい音。
エチュード全曲は2001年にも聴きましたが そのときよりもまた進化しておしゃれにそして小気味良いほどテンポアップして全てが物語のように進んでいく。
このコントロールされた洗練された彼の音楽は人並み以上の練習と集中力からうまれたものであろうけれども、多忙な彼が、この曲たちをどうやってここまで仕上げていけるのか驚くばかり。
そうそう、演奏中に印象的だったのが、エチュード作品25の8あたりから弾いている横山幸雄の右目のまつげあたりにダイヤモンドのようにキラキラ光る汗が。。。 「横山幸雄の弾くショパンが美しいのは汗を人目に 触れさせることを潔しとしない~云々」 とパンフレットには書いてありましたが、
汗が似合う、汗すらも美しく見え、汗を流しながらもショパンが優雅に聴こえる横山幸雄であると思います。 ま、ファンの皆様はご存知のとおり彼は汗をよくかきます。この会でもスーツの中のシャツを三回替えていましたが、体力勝負ですねピアニストは。

ピアノ調律の鶴田さん、あなたの作る音の素晴らしさがあってのこのコンサートでしょう。相変わらずすごいですね。
しかしこのライブは録音しなかったのかしら? 一度きりだったからより貴重で思い返すとまた美しいのか。。。

終了後 長蛇の列サイン会、いや~ものすごく人気ありますね。(昨年は興奮冷めやらず泣き崩れている女の子もいたもん)  ピアノやってる男の子なんかと手をあわせて大きさ比べなんかしてほほえましいです。   最後にほんの少し言葉を交わしました。

2009年9月13日ももう決まっていてバラード2番・スケルツォ2番・4つのマズルカ・ピアノソナタ2番・24の前奏曲など弾く予定。 また満席の予感ですね~。ええっ、2010年も決まってんの?素晴らしいっ。 でもドビュッシーもいいのになあ。何年待てばいいのかしら。。待ちましょうとも(笑)






スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://midoriongaku.blog71.fc2.com/tb.php/314-d4e853ca