FC2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役社長。
東北・九州・美術館・水族館・デパ地下好き。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとん・ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



特別展「天璋院篤姫展」  鹿児島 黎明館
パイプオルガンのあと実は 翌日朝一で鹿児島へ。

特別展「天璋院篤姫展」
てんしょういんあつひめてん

2008年9月6日~10月17日
9:00~17:00(入館は16:30まで) ※9月8日、16日、25日、29日、10月6日、14日は休館

鹿児島市 鹿児島県歴史資料センター黎明館
http://www.pref.kagoshima.jp/reimeikan/kouza/event_atsuhime.html
ホームページ(外部サイト)

ジャンル: 展覧会
料金: 一般 1000円、高大生 600円、中学生以下 無料
主催者: 鹿児島県、鹿児島県歴史資料センター黎明館、NHK鹿児島放送局、NHKプラネット九州、南日本新聞社、財団法人自治総合センター
問い合わせ先: 鹿児島県歴史資料センター黎明館 099-222-5100
激動の幕末、薩摩藩主島津家の一門に生まれ、第13代将軍徳川家定の御台所(正室)となった篤姫。夫の急死により天璋院と改称した後も江戸城大奥を束ねました。篤姫が育った薩摩の風土・文化、大奥での華麗な生活、皇女和宮との関係、そして江戸開城に際しての徳川家存続を願う熱い想い…。同展では、江戸城大奥や将軍にまつわる華麗な調度や衣装、彼女の人生に大きく影響する幕末の激動を伝える歴史資料等を通して、篤姫の波乱に満ちた生涯をたどります。


これを見るために鹿児島へ行ったわけではなかったのだけれど、
鹿児島中央駅に着いて、またまた「白熊」を送る手続きを終え、ふと横目で観光案内所にあったこのチラシを見て、 
「え!?篤姫特別展?行く!」

どうだったって?
いや~、思いもがけずすご~く感激したのが 幾島の音声ガイド
幾島って言っても 松坂慶子さんの声が情感たっぷりにこの特別篤姫展を案内してくださるのよっ。私一人のために耳元でささやいて下さって(いやマ、誰でもイヤホーンつけると聞こえるんだけどね)もう、幾島独り占めっ。
わずか¥500 でこのスペシャル音声ガイド借りなきゃもったいない。
内容の良さは実際足を運んでいただくと納得する貴重な内容。 NHKで番組でおなじみの桜島が描かれた掛け軸 もあるし 薩摩焼や薩摩切子の展示も。
天璋院篤姫 の熱い気持ちのこもった直筆の、涙なくしては読めない貴重な文章もある。 涙かわくまでコーヒーショップでアイスコーヒーのんで一息。ほ~っ。

西郷像~図書館~美術館~黎明館 鶴丸城址を眺めながらの風景や空気の清々しく美しいこと。
やはり鹿児島は熱く、素晴らしい。
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://midoriongaku.blog71.fc2.com/tb.php/317-df7ab23d