FC2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役社長。
東北・九州・美術館・水族館・デパ地下好き。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとん・ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



う~ん、3つの事例

いやはや、マナーとはなんぞや。
子供には罪はない、ほとんどが親です。

3つのコンサート で起こったこと。

小学生以下のお子さん、そりゃあ1時間30分 じぃーっとイスに座るなんて できないでしょ。
「うにゃ~~、あ。あ。あ。~ん、 ねえ~まだ終わらないのお~? あ~んん、にや~」イスの下に潜り込むは空間に移動するは動き放題。 母親はその子の口を手でつかみ、にらむ。 まあ、しゃべるなってことでしょうが・・・。
どおりでこの子達の後ろ4つも空席で私がすぐ座れたわけだ。
でも、その子供は時折音楽にあわせ手をたたき、歌うかわいいしぐさ。私は音楽に集中できないのは複雑だけどその子はちっともいやじゃあない。  でも、その母親その子の手をとってなぜ外に出ない?終わってからも平然としているのは何故? 「うるさくしてすみませんでした」って、一言言えない?

隣に小学生の二、三年?きれいなお洋服着て奇麗なお母様と。
即、寝始める。頭がグラングラン揺れ始めて
静かな会場にいびきが。。。聞こえ始める。何人も振り返り始める。
で、私もそっと触れて起こす、その繰り返し。。。。。
はあ~、私の子じゃあないんだけど。
そのお母様は子供に何にも言わず。 私にも何にも言わず。

オーケストラの演奏会 もはや 聴く状態じゃあない。
七五三のようにスーツ決めた小学生とおぼしき男の子が両親と祖母?と、とてもいい席で音楽鑑賞、
いや、もはやプロレス状態。足で前の席を蹴り、手で叩き、暴れまくり。
声はそんなに発しない、しかし暴れる暴れる。聴きたくないんだ。
そうだ、聞きたくないんだね。じやあ、きかなくっていいよねえ。

それをこの人たちは全く知らんふりで、両側固めて動けないようにして前向いてじっとしている。
何と恐ろしい。
目くばせで観客たちが係を探し出した。
見かねた係が注意に行く。 なのに、繰り返し。
とうとう、その後ろの座席の上品なご婦人がその父親に「連れて出て行きなさい」 といい、ドアを指差した。

何も言わずに父親と母親?が男の子をつかみドアにむかって走り出し、おお~、
これでよかったか・・・。
なんども中に両親が入れ替わり立ち替わり演奏中はいって来てまた演奏を聴く。
おばあ様は一度も 顔も動かさずずっと前を向いてコンサート聴いてる。
誰にも謝らない。

わからない。

聴きたい子には聴かせればいいし、いやでたまらない子は連れてこなきゃいいじゃあないか!
いやがりだしたら 親が一緒に外に出るべきじあやあないのか。
子供がかわいそうだと思わないのか?音楽は感性豊かな芸術。なのに苦痛の中で聴いて、聴かせていいのか?
それとも 親として 音楽会につれていった実績 が大事なの?

もう、なんだか悲しい。

演奏者は見えているのか、気にしていないふりをしているのか、他の客も知らないふりをしているのか

もう演奏会のことよりも そっちが気になって憂鬱。



スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://midoriongaku.blog71.fc2.com/tb.php/395-ee377787