FC2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役社長。
東北・九州・美術館・水族館・デパ地下好き。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとん・ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



 今年もありがとう 横山さん
 0
一生懸命弾く姿は 神々しい。
本番だけでなく、練習中がまた いいのだ。
どこで 止めて どこを繰り返すか どう変化をつけるか
まあ、練習中に覗き込むことはそうはしないけれど 楽譜に書いてある ことや
椅子の使い方や 弾きながらの目線や 体の線・・・
つくづくピアニストは神様に選ばれた人間だなと いつも思う。

横山氏も26日に横浜 青葉台のフィリアホールで 「横山幸雄とエトワールたち」
と題し、若手演奏家との共演をプロデュース、演奏した。
主催:クラッシック・ヨコハマ推進委員会、毎日新聞社、横浜市

昼公演では 根岸ひめのさん(小6)と グリークのペールギュント 第2組曲
高尾奏之介くん(中2)と モーツアルトの2台ピアノのためのソナタK.448
今田篤くん(大1)とはラフマニノフの2台ピアノのための組曲Op.17

夜公演では 瀬崎明日香さんと横山幸雄作のヴァイオリンソナタ
      11月にロストロボーヴィチチェロ国際コンクール優勝したばかりの宮田大さんとメンデルスゾーンのチェロソナタ
最後に メンデルスゾーンのピアノ三重奏曲第1番
その間に横山幸雄自作の 祈りのバラード やショパンのアンダンテスピアナーとと華麗なる大ポロネーズ
も弾くんだからそのタフさには今更ながら驚きを隠せない。
途中休憩はさんでったって その休憩時間は近くのおしゃれなティーサロンで50人あまり集まったお客様の前で司会を務め、この若い音楽家の紹介をし
にこやかにまたリハーサルへ戻っていく横山幸雄。日頃の忙しさは半端じゃないのに、時間を作ってこういう若い演奏者と全て共演してアドヴァイスをするという素晴らしさ。ハードなスポーツみたいだ。
弾き過ぎて指がすり減る心配もしながら、ああ、今田篤くんとのしなやかなラフマニノフの美しさには聴いているこっちまでが嬉しくなってきて 聴きに来てほんとうに良かったと思う。この2人の共演どこかでまた聴きたいものです。

今年も彼にいろいろなシーンでお世話になり、いろいろ話しましたが・・・まだまだなにが出てくるか
わっかんないなあ。 おおよそどんな時も冷静で判断力に秀でていて ・・しかし、しかしながらマレキアーレでのトークは言いたい放題で 冷汗ものの私ですがそこがまた人気のわけでもあるし。
今年もありがとう!
来年も6月 当企画で浜松にてジャック・ルヴィエとの共演もある。何弾くのかナ。ご期待下さい!!

スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://midoriongaku.blog71.fc2.com/tb.php/528-255f0fdc