FC2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役社長。
東北・九州・美術館・水族館・デパ地下好き。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとん・ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ピアニスト横山幸雄に、ギネス世界記録の認定証授与
ピアニスト横山幸雄に、ギネス世界記録の認定証授与
提供:BARKS

2010年5月4日(祝・火)、<TOKYO FM 開局40周年×ショパン生誕200年 記念 Panasonic presents 横山幸雄ショパン・ピアノソロ全166曲コンサート>にて、ピアニスト横山幸雄に、ギネス世界記録の認定証が授与された。

・・・・・ 私は 朝9時から 24時30分まで、一曲も聴き逃すことなく聴き、あの最後の聴衆ほぼ全員が立ち上がり、ブラボーが鳴り止まない中の一人として存在していました。
  横山氏は 166曲目の幻想ポロネーズを弾き終えてゆっくり椅子から立ち、しっかりした姿勢でみなさんの前に歩いて客席を見詰めて立ち、鳴り止まない拍手と歓声を全身に浴びていました。。。。
足パンパンだし背中は固くなったけど、そんなこと、心はみ~んな満足じゃあなかったかなあ。


「開局40周年を迎えたTOKYO FMがこの節目を記念し、ショパンの人生を全166曲の作品とともに年代順に追っていく横山幸雄による世界初のコンサートを実施、本コンサートで、横山はショパンの意思で出版されたピアノ曲および主要な遺作全166曲を、ほぼ年代順に朝9時から深夜24時55分までの1日で弾ききり、遂にギネス記録を達成。

ギネスワールドレコード社による『Most pieces of music performed by a solo artist in 24 hours』(24時間でもっとも多い曲数を1人で弾いたアーティスト)のカテゴリーにおいて、ギネス世界記録に登録、ギネスワールドレコーズ社より横山幸雄に、世界初の認定証が授与された。

「演奏を進めるにあたり、『もしかしたらできるかも』が『きっとできる』にかわった。お客様のいい雰囲気があってこその達成だと思う。練習で同じくらい弾くこともあったが、ソロでのコンサートでは初めての長さ。自分の指、体も温まっていき、ピアノも温まっていき、そして会場も温まっていった。最後の166曲目を弾いているとき、「終わってしまうな」と感じる一方で、「大きな間違いをしたらいけない」という思いもあった。」──横山幸雄

なお、このコンサートの模様はTOKYO FM特別番組『Panasonic presents 横山幸雄 Chopin Project ~世界中に音楽を贈ろう!~』として、ショパンの類稀な人生のエピソードとともに生中継で放送となった。

<TOKYO FM開局40周年×ショパン生誕200年 記念 Panasonic presents 横山幸雄ショパン・ピアノソロ全166曲コンサート>
2010年5月4日(祝・火)
9時~25時 全12パート4部制
@東京オペラシティ
演奏曲目:ショパンのピアノ曲(ソロ)全曲(166曲) およそ16時間

・・・・・こんなことも珍しいから弾いた曲目全て載せましょ。以下 ほんとうに弾いたんだよ 暗譜でね。

●第一部 9:00~12:30(全43曲)
Part 1 9:00~10:00
1.ロンド Op.1 ハ短調
2.マズルカ第1番 嬰ヘ短調 Op.6-1
3.マズルカ第2番 嬰ハ短調 Op.6-2
4.マズルカ第3番 ホ長調 Op.6-3
5.マズルカ第4番 変ホ短調 Op.6-4
6.ノクターン 第1番 変ロ短調 Op.9-1
7.ノクターン 第2番 変ホ長調 Op.9-2
8.ノクターン 第3番 ロ長調 Op.9-3
9.第1番 ハ長調
10.第2番 イ短調
11.第3番 『別れの曲』ホ長調
12.第4番 嬰ハ短調
13.第5番 『黒鍵』変ト長調
14.第6番 変ホ短調
15.第7番 ハ長調
16.第8番 ヘ長調
17.第9番 ヘ短調
18.第10番 変ホ長調
19.第11番 変ホ長調
20.第12番 『革命』 ハ短調
[15分休憩]
Part 2 10:15~11:15
21.マズルカ風ロンド ヘ長調 Op.5
22.マズルカ 第5番変ロ長調 Op.7-1
23.マズルカ 第6番イ短調 Op.7-2
24.マズルカ 第7番 ヘ短調 Op.7-3
25.マズルカ 第8番 変イ長調 Op.7-4
26.マズルカ 第9番 ハ長調 Op.7-5
27.華麗なる変奏曲 変ロ長調 Op.12
28.ノクターン 第4番 ヘ長調 Op.15-1
29.ノクターン 第5番 嬰ヘ長調 Op.15-2
30.ノクターン 第6番 ト短調 Op.15-3
31.ワルツ第1番変ホ長調「華麗なる大円舞曲」 Op.18
32.スケルツォ第1番ロ短調 Op.20
[15分休憩]
Part 3 11:30~12:30
33.ロンド 変ホ長調 Op.16
34.マズルカ 第10番 変ロ長調 Op.17-1
35.マズルカ 第11番 ホ短調 Op.17-2
36.マズルカ 第12番 変イ長調 Op.17-3
37.マズルカ 第13番 イ短調 Op.17-4
38.ボレロ作品19(中身7分)
39.ワルツ 第14番 ホ短調 遺作
40.ノクターン第20番 嬰ハ短調 遺作
41.ポロネーズ第1番 嬰ハ短調 Op.26-1
42.ポロネーズ第2番 変ホ短調 Op.26-2
43.バラード 第1番 ト短調 Op.23
[30分休憩]
●第二部 13:00~16:30(全63曲)
Part 1 13:00~14:00
44.ワルツ 第9番 変イ長調 Op.69-1
45.ワルツ 第10番 ロ短調 Op.69-2
46.ワルツ 第11番 変ト長調 Op.70-1
47.ワルツ 第12番 へ短調 Op.70-2
48.ワルツ 第13番 変ニ長調 Op.70-3
49.マズルカ 第14番 ト短調 Op.24-1
50.マズルカ 第15番 ハ長調 Op.24-2
51.マズルカ 第16番 変イ長調 Op.24-3
52.マズルカ 第17番 変ロ短調 Op.24-4
53.練習曲 第1番 変イ長調 Op.25-1「エオリアンハープ」
54.練習曲 第2番 ヘ短調 Op.25-2
55.練習曲 第3番 ヘ長調 Op.25-3
56.練習曲 第4番 イ短調 Op.25-4
57.練習曲 第5番 ホ短調 Op.25-5
58.練習曲 第6番 嬰ト短調 Op.25-6
59.練習曲 第7番 嬰ハ短調 Op.25-7
60.練習曲 第8番 変ニ長調 Op.25-8
61.練習曲 第9番 変ト長調 Op.25-9「蝶々」
62.練習曲 第10番 ロ短調 Op.25-10
63.練習曲 第11番 イ短調 Op.25-11「木枯らし」
64.練習曲 第12番 ハ短調 Op.25-12「大洋」
[15分休憩]
Part 2 14:15~15:15
65.即興曲 第1番 変イ長調 Op.29
66.幻想即興曲 Op.66
67.ノクターン 第7番 嬰ハ短調 Op.27-1
68.ノクターン 第8番 変ニ長調 Op.27-2
69.前奏曲 第1番 ハ長調 Op.28-1
70.前奏曲 第2番 イ短調 Op.28-2
71.前奏曲 第3番 ト長調 Op.28-3
72.前奏曲 第4番 ホ短調 Op.28-4
73.前奏曲 第5番 ニ長調 Op.28-5
74.前奏曲 第6番 ロ短調 Op.28-6
75.前奏曲 第7番 イ長調 Op.28-7
76.前奏曲 第8番 嬰ヘ短調 Op.28-8
77.前奏曲 第9番 ホ長調 Op.28-9
78.前奏曲 第10番 嬰ハ短調 Op.28-10
79.前奏曲 第11番 ロ長調 Op.28-11
80.前奏曲 第12番 嬰ト短調 Op.28-12
81.前奏曲 第13番 嬰ヘ長調 Op.28-13
82.前奏曲 第14番 変ホ短調 Op.28-14
83.前奏曲 第15番 変ニ長調 Op.28-15
84.前奏曲 第16番 変ロ短調 Op.28-16
85.前奏曲 第17番 変イ長調 Op.28-17
86.前奏曲 第18番 ヘ短調 Op.28-18
87.前奏曲 第19番 変ホ長調 Op.28-19
88.前奏曲 第20番 ハ短調 Op.28-20
89.前奏曲 第21番 変ロ長調 Op.28-21
90.前奏曲 第22番 ト短調 Op.28-22
91.前奏曲 第23番 ヘ長調 Op.28-23
92.前奏曲 第24番 ニ短調 Op.28-24
[15分休憩]
Part 3 15:30~16:30
93.アンダンテ・スピアナートと華麗な大ポロネーズ 変ホ長調 Op.22
94.マズルカ 第42番 ト長調 Op.67-1
95.マズルカ 第43番 ト短調 Op.67-2
96.マズルカ 第44番 ハ長調 Op.67-3
97.マズルカ 第45番 イ短調 Op.67-4
98.マズルカ 第46番 ハ長調 Op.68-1
99.マズルカ 第47番 イ短調 Op.68-2
100.マズルカ 第48番 ヘ長調 Op.68-3
101.マズルカ 第49番 ヘ短調 Op.68-4
102.マズルカ 第18番 ハ短調 Op.30-1
103.マズルカ 第19番 ロ短調 Op.30-2
104.マズルカ 第20番 変ニ長調 Op.30-3
105.マズルカ 第21番 嬰ハ短調 Op.30-4
106.スケルツォ 第2番 変ロ短調 Op.31
[45分休憩]
●第三部 17:15~20:45 (全31曲)
Part 1 17:15~18:15
107.ノクターン 第9番 ロ長調 Op.32-1
108.ノクターン 第10番 変イ長調 Op.32-2
109.マズルカ 第22番 嬰ト短調 Op.33-1
110.マズルカ 第23番 ニ長調 Op.33-2
111.マズルカ 第24番 ハ長調 Op.33-3
112.マズルカ 第25番 ロ短調 Op.33-4
113.ワルツ 第2番 変イ長調 Op.34-1「華麗なる円舞曲」
114.ワルツ 第3番 イ短調 Op.34-2「華麗なる円舞曲」
115.ワルツ 第4番 ヘ長調 Op.34-3「華麗なる円舞曲」
116.ピアノソナタ第2番 変ロ短調 Op.35「葬送」 第1楽章、第2楽章、第3楽章、第4楽章
[15分休憩]
Part 2 18:30~19:30
117.即興曲第2番 嬰ヘ長調 Op.36
118.ノクターン 第11番 ト短調 Op.37-1
119.ノクターン 第12番 ト長調 Op.37-2
120.バラード 第2番ヘ長調 Op.38
121.ポロネーズ 第3番 イ長調 Op.40-1「軍隊」
122.ポロネーズ 第4番 ハ短調 Op.40-2
123.マズルカ 第27番 ホ短調Op.41-1
124.マズルカ 第28番 ロ長調Op.41-2
125.マズルカ 第29番 変イ長調Op.41-3
126.マズルカ 第26番 嬰ハ短調Op.41-4
127.第1番 ヘ短調
128.第2番 変イ長調
129.第3番 変ニ長調
130.スケルツォ 第3番 嬰ハ短調 Op.39
[15分休憩]
Part 3 19:45~20:45
131.ワルツ 第5番 変イ長調 Op.42「大円舞曲」
132.タランテラ 変イ長調 Op.43
133.ポロネーズ第5番 嬰ヘ短調 Op.44
134.プレリュード 嬰ハ短調 Op.45
135.演奏会用アレグロ イ長調 Op.46
136.バラード第3番 変イ長調 Op.47
137.幻想曲 ヘ短調 Op.49
[30分休憩]
●第四部 21:15~24:30(全29曲)
Part 1 21:15~22:15
138.ノクターン第13番 ハ短調 Op.48-1
139.ノクターン第14番 嬰ヘ短調 Op.48-2
140.マズルカ第30番 ト長調 Op.50-1
141.マズルカ第31番 変イ長調 Op.50-2
142.マズルカ第32番 嬰ハ短調 Op.50-3
143.即興曲第3番 変ト長調 Op.51
144.バラード第4番 ヘ短調 Op.52
145.ポロネーズ第6番変イ長調 Op.53「英雄」
146.スケルツォ第4番 ホ長調 Op.54
[15分休憩]
Part 2 22:30~23:30
147.ノクターン第15番 ヘ短調 Op.55-1
148.ノクターン第16番 変ホ長調 Op.55-2
149.マズルカ第33番 ロ長調 Op.56-1
150.マズルカ第34番 ハ長調 Op.56-2
151.マズルカ第35番 ハ短調 Op.56-3
152.マズルカ第36番 イ短調 Op.59-1
153.マズルカ第37番 変イ長調 Op.59-2
154.マズルカ第38番 嬰ヘ短調 Op.59-3
155.子守唄 変ニ長調 Op.57
156.ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 Op.58 第1楽章、変ホ長調 第2楽章、ロ長調 第3楽章、ロ短調 第4楽章
[15分休憩]
Part 3 23:45~24:30
157.舟歌 嬰ヘ長調 Op.60
158.ノクターン第17番 ロ長調 Op.62-1
159.ノクターン第18番 ホ長調 Op.62-2
160.マズルカ第39番 ロ長調 Op.63-1
161.マズルカ第40番 ヘ短調 Op.63-2
162.マズルカ第41番 嬰ハ短調 Op.63-3
163.ワルツ第6番 変ニ長調 Op.64-1
164.ワルツ第7番 嬰ハ短調 Op.64-2
165.ワルツ第8番 変イ長調 Op.64-3
166.ポロネーズ第7番 変イ長調「幻想」 Op.61

・・・・・一分も伸びず、ペースが落ちないまま弾き終えた横山幸雄。

朝から何でこんなにお客さんいるの?という位注目公演だったのかな。7割は入っていて驚き。
午後からもお客様は減ることなく、さすがに午前中の緊張した空気は午後少し混沌としたものの、第4部はもう、みんなで成功させるぞ ッて感じでしょうか。。。
「急に間違って演奏とまっちゃったらどうする?」なんて余計なことが脳裏をかすめながら、とにかくあと10曲、9曲、8,7、
なんて考えてるうち最後。

私は体の心配をし、横山さんはとにかく暗譜の心配をし、話しても平行線(笑)でしたが、

なんだかんだ言っても、いやはやあのクオリティの高さの内容、よくもやりとげました。
本当に心からおめでとう。


横山さんの自宅のスタインウエイを運びこんでのチャレンジ。
調律の外山さん、みずみずしい美しい音、最後まで保ってましたね。本当にお疲れ様。素晴らしかった。

まだ、頭の中 マズルカやノクターンが時折美しく聴こえてくるよ~。


スポンサーサイト





この記事に対するコメント
先日は、おかしな質問にあたたかいご返信いただきありがとうございました。
東京からのお客様もいらっしゃるとのことで、
今度会社を休んで是非行く機会を作ってみたいと思います。

私もこのコンサート半分だけですが聴かせていただきました。
横山さんご自身が、”最後までクォリティにも満足していただけるよう・・・”という様な内容を事前にお話しされていましたが、満足以上に、感服いたしました。
【2010/05/05 22:47】 URL | ぷりん #- [ 編集]

あの 場にいらしていたのですか!

 凄かったですね、淡々と弾く姿、淡々と聴く聴衆・・・。そして、最後は全員熱くスタンディングでブラボーの嵐。

6月4日のアクトでの 横山幸雄さんの恩師ジャック ルヴィエ氏とのデュオコンサートも大変貴重で聴きものですよ。アクトでの共演は2007年に続き二度目です。これは横山さん、静かに燃えますから(笑)ラヴェルのラ・ヴァルスなんて本当に聴いたことないくらい美しいデュオになります。
東京在住でしたか。浜松では少し遠いかなあ・・・。でもまたいつかおいで下さいね。
突然いろんなことが決まりますので、ホームページを時折のぞいて下さいね。
【2010/05/12 23:27】 URL | 管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://midoriongaku.blog71.fc2.com/tb.php/588-2c18d1e2