FC2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役社長。
東北・九州・美術館・水族館・デパ地下好き。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとん・ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



第16回ショパンコンクール 第1位は



~ポーランド・ワルシャワで行われた「第16回ショパン国際ピアノ・コンクール」は、現地時間10月20日深夜23時50分頃に最終審査の結果が発表。ロシア人の女性ピアニスト、ユリアンナ・アヴデーエワが優勝を果たした。

ショパン国際ピアノ・コンクールは、世界で最も権威あるコンクールとして知られている。1927年の第1回開催以来、数多くの名ピアニストを輩出しており、歴代優勝者はマウリツィオ・ポリーニ、マルタ・アルゲリッチ、クリスチャン・ツィメルマン、スタニスラフ・ブーニンなど錚々たるピアニストたちが名を連ねる。また歴代の日本人入賞者も、中村紘子、内田光子、小山実稚恵、横山幸雄など世界的名手が多数。
そしてショパン生誕200周年ということでひと際注目を集めた今回のコンクールは、ロシアのユリアンナ・アヴデーエワが優勝。女性のショパン・コンクール優勝は、1965年のマルタ・アルゲリッチ以来45年ぶりの快挙となった。

第2位はルーカス・ゲニューシャス(ロシア/リトアニア)とインゴルフ・ヴンダー(オーストリア)、第3位はダニール・トリフォノフ(ロシア)と、上位はロシア勢が健闘。日本勢は惜しくも予選で落選となった。~
ニュースで流れました。
・・・・そうでしたか。終わりましたね。7月に当方でレクチャーとリサイタルも行って下さった、審査員のケヴィン・ケナーさんも元気かなあ。
現地に行った方からプログラムとCDなどをいただきました。
プログラムの写真がまたオシャレなんだわ。みなさんがモデルのように生き生き写ってる。素晴らしい幻想曲や練習曲がたっぷり入ったCD、コンテスタントの息が聴こえるようでもっともっとショパン聴きたくなりました。
ラッキーにもそれらを拝見しながらこの1位の情報を見て、なんだか私も行った気分をちょっぴり味わいました。

この写真はマレキアーレで練習している横山幸雄さんですが、彼に時々ショパンコンクールのお話を伺うコトがあります。19歳の時の記憶をたどって・・どれだけ練習したことかサラりと答えてくれますけれどね・・・。そうそう、ショパンイヤーの今年、みどり音楽企画ではまだまだショパンを楽しめる企画がありますよ~
第12回ショパンコンクール第3位の横山幸雄氏も11月に浜松市浜北区の小さな小さなマレキアーレで特別オールショパンリサイタルを行います。11月24・25もN響クラリネット奏者松本健司さんとデュオコンサートです。入場受付中。今回希望者はお2人に個人レッスンもしていただけますよ。
第13回ショパンコンクールの最高位受賞のフィリップ・ジョジアーノも12月5日にマレキアーレでショパン:ワルツ64-2 のレクチャーとピアノ演奏の楽しい時間も予定しています。
12月24日には岡田将氏のショパン:エチュード全曲も予定。来年のリストイヤーへ向けて、彼の個性豊かなショパンも見逃せません!世の中クリスマスイヴですが、こちらも岡田将の解釈のロマンチックなショパンのエチュード大変期待しています。
詳細はみどり音楽企画のホームページに載せますので時々ご覧くださいね。
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://midoriongaku.blog71.fc2.com/tb.php/666-e398a1d4