FC2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役社長。
東北・九州・美術館・水族館・デパ地下好き。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとん・ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



女優のようなアルゲリッチさま

12月1日、今日も行われますね。日フィルとアルミンクとのコンチェルト。
結局今日は行けないので、知人のピアニストへ贈呈しました。

で、どうだったのか?
28日新幹線に無事乗れたのか?って、間に合いましたよ~。
すみだトリフォニー大ホールは満席、期待に満ち満ちたムードのなか、新日本フィルハーモニーの団員がぱらぱらと舞台に現れ始め・・・あれ?このコンサートマスターはなんだかキレイだぞ。。。
真っ赤なポケットチーフに赤いてぬぐい、いやタオルですか。ん~目立ちすぎじゃあないかこの目は西江辰郎サンだね。
見とれている場合じゃあない、始まる始まる

ショパン:ピアノ協奏曲第1番 ホ長調Op.11
 黒いシックなドレス姿で現れた彼女はまるで女優のように美しく、弾き始めるともうそこはアルゲリッチの宇宙に浮遊するワタシ。あそこがどうのとかここがどーだとか不要。
いやはやピアニシモから打鍵の強い音からなんと魔法にかかったようだこれは。
休憩あと
ベルリオーズ:序曲「ローマの謝肉祭」op.9
ラヴェル:ピアノ協奏曲ト長調 
 きゃ~~~、えっ、もう終わり?
 あっという間の出来事デシタ。

ピアノと木管楽器とのやりとりの多いショパン、そしてパーカッションの見せ場がいたるところのラヴェル。
オーケストラのそれと、ピアノ界の女王であり続ける、輝かしい女優的雰囲気を漂わせ実力派のアルゲリッチ。
二枚目のマエストロ クリスティアン・アルミンクも常に彼女の音楽に寄り添うように、いや変だなこの書き方・・コミニュケーションとりつついいものを作ろうとする前向きな姿勢は大変良かったが・・しかし、しかしなのだ。何かが足りない、コーヒーにクリープがない?レンジで温めたはずのチャーハンの真ん中が冷たい・・・。

今日のシューマンのコンチェルトどうなるのかな~、ああききたいなあ。
オケ盤 道化師の朝の歌も、アルゲリッチのピアノソロで聴きたいぞ。
いやどうせなら「鏡」から1,夜の蛾 2,悲しい鳥たち 3,洋上の小船 全部聴かせてくださいッ。
無理?はああ・・。

しかし、舞台に近い席だとやはり出演者の表情もよく見えて楽しい。
今回赤いチーフのコンマスの彼とマエストロアルミンク、そしてアルゲリッチさまと三拍子そろって美しい。
視覚的にも楽しめなくてはね。
 そうそう、お客様の中にも目をひく彫りの深い顔立ちの男性が・・・あ?
 テレビでよく見る テノールの秋川氏でした。お話しましたが気さくでとてもいい感じでございました。

 夢のような現実だった、あの指の動き、音、笑顔。アンコールなにやったって?ショパン弾いたのよ。
マズルカ 第15番・・かな。空気が変わった・・・素晴らしいッ。

 聴きに行って本当に幸せだった。

 
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://midoriongaku.blog71.fc2.com/tb.php/683-75c1777d