FC2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役。
東北・美術館・水族館・デパ地下好き。
珈琲の中ではモカが一番だナ。
探してるのは固いバームクーヘン。
日々金魚の金ちゃんに話しかけては
尾びれで水かけられて嬉しい毎日。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとんと筑前煮、
蓮根きんぴら、
ヒレカツ、ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ジョルジ・シフラ その1

 いや、驚いた。

先日のANA機内で、クラッシックチャンネル リスト特集やっていた中で、アンドレ・ワッツのラ・カンパネラ
は、「これは岡田 将の方が上手いし」 とか思いながら聴いて、次のは、リスト お~、ピアノ協奏曲第一番の第一楽章のみね、聴いてみると「・・こ、これはっ!!」と演奏の素晴らしさに 空飛んでるの忘れたほど。
オーケストラの輝く音と吸いつくような一体感、だ、誰?どこのおけ??
ピアノは ジョルジ・シフラ
指揮   ジョルジ・シフラ・ジュニア
パリ管弦楽団 
ほ~~~、目が醒める演奏とはこのことよ。重厚感のある響きと打鍵の強さ、指は一体どんな動きをしているのか?と想像できないほどの俊敏な指さばきとロマンチックな音楽でコロリとまいってしまった。

シフラ って、聴いたことなかった私はもう、地上に降りてから調べましたよ。CDも取り寄せました。
・・・1921~1994年没 ああ、もうライブは聴けないのね
ハンガリー出身 超絶技巧で名高くリストの再来とも言われる。でも、平穏な人生ではなかったようです。
幼少より天才ぶりを発揮、9歳でブダペストの国立音楽学校に入学、リスト音楽アカデミーに進学して10代で近隣諸国にその名が知られわたるが20歳のとき第2次世界大戦に従軍して負傷、ソビエト軍の捕虜となり1947年にようやく自由の身となる。生活のため酒場でピアノを弾くなどしながらも、ピアニストとしての再挙の日にそなえリストの又弟子となるフィレンツィのもとで研鑽をつんでいた。が、1950年には思想犯として投獄され3年間の獄舎生活を強いられるなど波乱の人生だ。しかしようやく1956年にフランス国籍を習得して世界的な演奏活動を行う。
息子に自分の名前を付けるほど愛してやまないジョルジ・シフラ・ジュニア、指揮者となり活躍して共演したこの録音が、先日ANA機内で聴いた録音だったわけ!!感動的な演奏だったわけだ。こんなウラがあるなんて。しかし、その息子はなんてことだ39歳で自宅の火事で死亡してしまう。
シフラは72歳でフランスで死亡。
生きていたら、と残念でならない。




スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://midoriongaku.blog71.fc2.com/tb.php/715-652336e7