FC2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役社長。
東北・九州・美術館・水族館・デパ地下好き。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとん・ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



音楽って素晴らしい


昨日4月2日午後5時すぎから マレキアーレに美しいピアノの音が響いた。マレキアーレコンサート91回目

岡田 将のバッハ:パルティータ5番が始まって、「序奏」の2分あまり・・その一音一音が力強く生き生きして・・・・驚いた。こんな時期だから、いや、こんなときだからもっと静かに荘厳に弾くのじゃあないかと
勝手に思っていた。

13時に浜松駅へお迎えに行くと、サンダル履きで背中に荷物をしょって階段を走り下りて現れた岡田将氏。
「うひゃ~、紫のTシャツ!半そでッ!」
丁寧にごあいさつしようと思っていたセリフもふっとんでしまい、笑いながら迎えてしまった。
 予定していたベートーヴェンの熱情を、ブラームス:ピアノソナタ第1番に変更してのプログラム。
遠くは兵庫県、三重県、滋賀県そして愛知県、県内磐田市や浜松市内から聴きに来て下さったお客さま。ひとりのキャンセルもなく皆さんでこの大地震あとに、ここでピアノを聴けたことは この上ない喜びだった。
主催者として心の底から沸いた、大きな感謝の気持ち。
岡田さん、実は5日前にこの公演を「延期させていただけないか?」と私に電話があった。
公演あとにみなさんの前でこのやりとりを隠さず話すんだもの、もう、正直すぎる(笑)。
今回の東日本大地震は、主催者や聴く方だけではなく、演奏者にも多大な精神的なショックを与えた。
「ピアノに向かっても集中できなかった自分がいた。中途半端なままではお客様に申し訳ない、なので、相談したい」と。
でも、「こんな時期だからこそ延期はあり得ない。 やるかやめるか。
1曲でも2曲でもいいです、岡田さんの好きな内容でOKですのでやりましょうよ。」
話した途端、すぐ、
「ではやります!」と。

その日の岡田さんは、全身で表現しピアノを弾いている姿も神々しく美しく、曲の中から瑞々しい生命があふれ出る。体にドンと来るフォルテシモの勢い、ピアニシモの美しい響き。お客様も息をのんでその音の行方を味わってくださっている。
ああ、芸術家はなんと偉大な力をもっているのだろうか。。。
今日の演奏会を中止せずに本当に良かった。

帰る間際にプログラムの上にマジックで彼が書いた言葉
  
「音楽って素晴らしい」



スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://midoriongaku.blog71.fc2.com/tb.php/728-ab930380