FC2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役社長。
東北・九州・美術館・水族館・デパ地下好き。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとん・ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



心痛む 台風12号の災害

だって、つい一週間前、南紀を旅行してきたばかりじゃあないか。

紀勢自動車道とおって山また山の国道42号線を通り、乳製品で有名な大内山の美味しいミルクプリンを食べコーヒー牛乳飲んだ。そう、寸断されたあの42号線のひどい被害をテレビで見ると悲しみで息を飲むばかり。
美しい七里ガ浜を見ながら新宮も行き、那智勝浦駅も見ながら勝浦へ一泊した。
あの時には確かに台風の影響で海の波がやや高くって、岸壁には白い波しぶきがかかっていた。
古座 田原の海、海で泳いだのだ。
しかし、こんな被害が出るなんて!!!
あの時に会ったばかりの知人に電話すると、「もう、3日も家から出れないんよ。道も通れないし、すごい怖いわ。」
そして、勝浦の知人とは電話がつながらない。。。。


「台風12号による記録的豪雨に見舞われた紀伊半島。奈良県南部では、先月30日の降り始めからの雨量が4日には1800ミリに達し、三重県南部でも1600ミリを超えた。気象庁のデータによると、半島東側に位置し、多雨で知られる同県尾鷲市の年平均降水量(81~10年、3849ミリ)の約半分に相当し、国内の降水量の記録を大きく塗り替える地点も出た。
なぜ、紀伊半島でこれほどの豪雨となったのか。今回の12号が「自転車並み」の速度でノロノロ北上したのは、進行方向に張り出した太平洋高気圧と大陸からの高気圧に行く手を阻まれたからだ。日本列島の北側上空を東へ流れ、本来なら台風を加速させるはずの偏西風の影響を受けなかった。
このため、湿った空気が長時間にわたって紀伊半島に供給され続けた。和歌山県新宮市で4日早朝、1時間に132・5ミリを観測するなど猛烈な雨が降ったところもある。毎日新聞 2011年9月5日 東京朝刊より」

都心でのゲリラ豪雨も問題になっているが、これからの日本の気候はいったいどうなっていくのだろう。
美しい四季折々の柔らかな風情が薄れて 近年は激しく熱くなってきている。
建物も、気候を配慮しながら建てていかねばなるまい。
山沿い、川沿いの家、海沿いの家、道路や鉄道。
鹿児島だってそう、シラス台地だから場所によっては大雨が続くと地盤が緩む恐れがある。
あんなに降雨量が多いと、どの地域でも何らかの被害が起こりうる。

気象学、建築学の優秀な方々も多くいる我が国日本。
その方々の意見も聞き、自然災害の予防を、一刻も早く地震の予報や大震災の復興と並行して考えなくてはならないだろう。冬には豪雪なんてことになるとまたも被害が出る。

野田新総理、
危険を察すると泥へ潜り自身を守る「どじょう」ではなく、危機が来ている現実、国の代表は「強くあれ」と思います。 逃げ隠れせず堂々と国民を助けて下さい。


スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://midoriongaku.blog71.fc2.com/tb.php/783-6ee1e288