FC2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役社長。
東北・九州・美術館・水族館・デパ地下好き。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとん・ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



宮沢賢治記念館公演 ~ピアノコンサートと朗読~

いよいよあと10日となりました!ピアノコンサート&朗読
日時/会場:2011年 11月 6日 (日) 13:30開演 
 宮沢賢治記念館ホール 岩手県花巻市矢沢1-1-36  入場無料

Ⅰ部   ピアノ演奏  (松岡 淳)

 リスト:コンソレーション第3番

 ショパン:ワルツ作品64-1「仔犬」
 :ワルツ作品64-2
  :ポロネーズ作品53「英雄」
  :幻想即興曲 作品66

 リスト:ハンガリー狂詩曲第2番

Ⅱ部   朗読:(牛崎敏哉) 

  宮沢賢治:「あすこの田はねぇ」「母に云ふ」 他

     朗読 と ピアノ   (朗読:牛崎敏哉 ピアノ:松岡 淳)

  宮沢賢治:「銀河鉄道の夜」より抜粋
 
ピアノ演奏  リスト:ラ・カンパネッラ

この公演には言葉に言い表せないほどの想いがあります。

旅行中に立ち寄ったこの宮沢賢治記念館のティールームの美しさと館内の清々しい空気に一目ぼれし、賢治の赤いバラの香りに胸打たれ、コンサートを提案して何度も何度も打ち合わせをし、
2009年11月に 感動的な第1回目の公演を行うことができました。
第2回目に、2011年3月20日 を予定していました。

しかし・・・あの3月11日に誰も予想しなかった未曾有の大地震。

ご自分たちの ひどい状況よりも、電話がつながったときの第一声が「浜松は大丈夫ですか?」と、こちらの状況
を心配して下さる岩手の方々のあたたかな言葉にもう、泣けて泣けて・・・。
毎日の生活も大変であったろうに「公演やりたいねえ、横田さん」としきりに言って下さる伊藤さん他館の職員の方々。あれからもう、7か月過ぎました。
震災後の状況や、館の事や被災した皆さんのこと・・・宮沢賢治記念館の伊藤さんと幾度も連絡を取り合いました。


だからといって 再度やり直して予定を組んでもらえるとは。
 ありがたいです。

企画展「種山ヶ原と賢治」開催記念 として
このピアノコンサートと朗読 を行うこととなりました。
牛崎さん・・宮沢賢治記念館の副館長である彼の話はあたたかく力強く 本当に素晴らしい語りです。
そして 盛岡出身東京在住の 松岡 淳さんは ブラームス国際音楽コンクールで日本人初の第1位を受賞し、ソロ・室内楽・伴奏など各方面にも活躍中の東京藝術大学卒の実力派ピアニスト。
私は 当日、プロデュース兼場内整理係として参加させていただきます。

近くにお住まいの皆さま、そして遠くの皆さま。
是非、秋の紅葉美しい東北の清々しい空気の花巻「宮沢賢治記念館」に足を運んで下さいませんか。新花巻駅から車で10分かかりません。周囲には童話館やイーハトーブ館などたくさんの施設もあります。

まさにこの公演の為に作られた阿部正介氏作の美しい切り絵のポスター、チラシを是非見てください。

春に読むはずだった「あすこの田はねえ」の内容は農業を目指す学生たちへの思いが心熱く表現されて、
「母に云う」は賢治の母への思いも一緒に感じてください。
リストイヤーの今年、松岡さんの指から奏でられるリストの有名な作品も、聴きに来て下さる皆さんのハートに響くでしょう。
音楽を愛した宮沢賢治さんも、11月6日の当日は会場にどこかに居て下さると思います。

お問い合わせは 宮沢賢治記念館 0198-31-2319

ご来館をお待ちしています。
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://midoriongaku.blog71.fc2.com/tb.php/801-df4c8e1d