FC2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役社長。
東北・九州・美術館・水族館・デパ地下好き。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとん・ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



一本松再生プロジェクト支援コンサート 岩手県花巻市


4月2日、 一本松再生プロジェクト支援コンサート
・・・岩手県、花巻市文化会館へ行ってきました。
主催:高田松原再生を支援する花巻の会  共催:花巻市

忘れ去られようとしている昨年3月11日の大震災。
7万本あった陸前高田の松
のこり1本が、、やはり腐ってダメになってしまいましたが、松笠からかわいい芽がでて、刺し木をして、
なんとかまた少しずつもとのような松林を再生しようと頑張っている方々がおられる。
「何か出来る事を」と、
考えていた花巻市民のかたがたから、この公演で得た入場料を再生プロジェクトの資金の一部に役立てる事が出来ればと、そのためにこの公演を開催しようと考えて、実現したそうです。

以前から関係者のかたからこのお話をお聞きしていたので、どうにかしてこの公演は実際足を運んで聴きたかった。この場所の空気を贅沢にも花巻の方々と共に体感したかった。。。。
ので、2日12時まで医院の仕事して、置手紙して主人に怒られながらも13時10分の新幹線に乗り、東京と仙台でのりかえ、新花巻に17時40分着。
ホームに降りるとああ、やはり甘い木の香りの大好きな花巻だ。

来ちゃった。

懐かしい中島さんがお迎えに来て下さって、いろんなお話しながら会館に着くと、たくさんのお客様、すごい熱気。
女性団体ネットワークの会がチケットもぎりを担当しておられたそうで、一本松のパネルも展示してある。
満席に近い。
メゾソプラノ 菅野祥子さんは 陸前高田出身現在ウィーン少年合唱団のボイストレーナー。
ピアノ    松岡 淳さんは 盛岡市出身。みどり音楽企画のフレンドシップアーチストでもあります。
チェロ     平野玲音さんは東京大学卒!
春へのあこがれ、野ばら、ウィーンわが夢の街、カルメンよりハバネラなど一曲一曲ずつ解説を加え、わかりやすく会を進行する菅野さん。
皆さんあたたかな空気で集中してきいておられる、雰囲気もマナーもいい。

ピアノソロで松岡さんは名器ベーゼンドルファーインペリアルの輝きを引き出す。なかなかの弾き手だナ。
「春なのに」 という、菅野さんが3月11日を思う曲を作詞作曲され、その披露も。

「・・・お前が奪っていった、大切なものはみな、
夜になれば空が映しだすだろう。
手をつないで歩いたお寺のわきの細道、
一本松はきっと何も忘れない。
いつの日にか、僕もまた、ひとつになれると信じて、
春なのに、春だから、僕は前をむいて行くよ。
春なのに、春だから、きらめく海も風の音も、
春なのに、春だから、僕は前を向いて行くよ。」

隣席の女性は涙を流し聴いておられる。

お世話になった伊藤さんやピアニスト松岡さんと深夜まで話し、寝たのは3時。
話している最中にもカタカタカタと揺れ、地震が起きた。岩手沖震度2.

翌朝8時半、新幹線を待つ新花巻のホームで、遠くに見える真っ白な残雪美しい山々、
澄んだきれいな空気を何度も何度も深呼吸して体いっぱいに吸いながら、

去りがたい気持ちと、何も出来ない自分を恥じ、
「私がしなきゃならないことは、何なのか?」、と再び深く思いました。
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://midoriongaku.blog71.fc2.com/tb.php/854-a316d8c6