FC2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役社長。
東北・九州・美術館・水族館・デパ地下好き。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとん・ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



3次予選19・20 室内楽の楽しみと財布の悲しみ
20121117 アパッショナート ケーキ


あ・・・

げげげっ!!! ない、ない、やはり無いッ!

財布 忘れた・・・・

浜松国際ピアノコンクール3次1日目の19日、横山幸雄サンも来るっていうから待ち合わせだなと思っているときに
どうもカバンが軽いし、妙だな・・・と思いながら車から降りて急ぎ アクトシティ浜松中ホールへ
ホテルクラウンパレス浜松から横断歩道渡って下へ降りる階段に1歩足かけて立ち止まる。
・・・・財布忘れたよ。・・どうする

どうするどうする っって、アイスコーヒーも飲めないのか?いや、そんなんはどうでもよくって財布・・

下見たら、横山幸雄ジャストで来た。

「やあ、いま来たの?ね、ちょうど今なんだ?ピッタリ会ったね 」満面の笑顔ダ=

   そう、本当に今、ピッタリのタイミングだね、財布ないのに気付いたのとピッタリ一緒。ハハハ。。。。

またもや張り付いた満面の笑顔で、彼と一緒に会場入りする。


3次予選は 12時30分から1人1時間10分もかけて行われる。
室内楽が加わり、これがまた 期待以上に面白い。
6人の終演は21時45分

20日は10時から6人、19時5分までか・・・・そして20時15分からいよいよファイナリストの発表となる。

若い阪田知樹くんの演奏から始まる。
会場は思いのほか多い聴衆、すごいな。
モーツアルトのピアノ四重奏曲第1番  ヴァイオリン四方恭子、ヴィオラ松実健太、チェロ河野文昭
でコンテスタントを支える、支える・・?
ほとばしる若い阪田くんのピアノと室内楽のそれと最初戸惑ったが、これはコンクール、頑張らないと。
2番目の内匠慧くんはピアノ四重奏2番だな。 ヴァイオリン漆原啓子、ヴィオラ鈴木康弘、チェロ向山佳絵子でなかなかしっとりといい演奏。
今回からはじめた室内楽、大変良い試みだと感じる。
演奏者のいろんな角度が如実に表れる。

ともすればプロ活動している人の方が数段有利ではあるが、これはコンクール、なにかを狙っての試みだろうから結果が大変楽しみ。

・・・で、会場内で知った顔を拝見するたびに、
「お金貸していただけませんか?」
 と、不意に言い出しそうになる かわいそうな自分に気づく。
財布忘れちゃって、集中して聴けなくってなんて口が裂けても言えんし。
いつもなら黒皮のメモ帳にも、何かの時にと必ず1万円札を挟んでいるのに なんでまたそれも自宅に置いてきちゃって。

トイレで顔みても、とにかく保った緊張感漂う笑顔、
「いまから広島なんだ~」と、来年1番に弾きに来るし~などとまた言いながら 多忙で笑顔の横山サンを新幹線改札口までお見送りしたあと
なーんも買えん。。ガックリ肩を落として再度見たごちゃごちゃのバックの中にいつから入っていたのか某遠州信用金庫のよれよれ封筒の存在を発見!
こここ、これは、なぜこれをも忘れる?
1000円札3枚、1万円札3枚も 入っていてもう、元気100倍だしッッ。

なんだかお祝いに 一人ホットココア生クリームのせ頼んで 
心も体もあったかになって
そうだ、ハンバーグつくろう、と、和牛牛ひき肉パーセンテージ多いハンバーグの材料買い込んで
両手に待ちきれない程野菜やお菓子やなんか買っちゃって
19時帰宅して 「また、今日もどこに行ってたんだ==== 」とおかんむりの主人に超美味しいハンバーグ作って
黙らせた。

はあ、なんか、疲れたヨ~。






スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://midoriongaku.blog71.fc2.com/tb.php/931-a183c130