FC2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役社長。
東北・九州・美術館・水族館・デパ地下好き。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとん・ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



横山幸雄ピアノリサイタル「桜咲く会」終了~
2013 4月14日 横山幸雄

オールショパン:
「アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ」から弾きはじめ
「ピアノコンチェルト 第2番」 をモチロン一人で!!さらりと弾き終え、

後半もなんと豪華なプログラム!

「ノクターン14番」のその美しさたるや息をのみ、
「バラード4番」を語るように弾き、「4番続きでついでと言っては何ですが」と言って
「スケルツォ4番」を、風景が見えるかのように。で、出ましたこの名曲は
「舟歌」
最後にこれを・・と、
「幻想ポロネーズ」 は大輪の薔薇のようなこのショパンの名曲たち。いやはや圧巻。

今回特に、音が、何と言ってもその指から奏でられる音が、筆舌しがたいほど美しい。
深紅の薔薇の花弁から、露がこぼれおちるかのよう。ペダル使いはもう言わずもがな
ピアノが自分の意思でそう歌っているかのよう。

2時間過ぎちゃったよ、終わりかと思ったら
お決まりのアンコールってとこですが、うーん、
アンコールらしくないと言ったらそうなんですが、と、お客様にお話した途端弾きはじめた
「ピアノ協奏曲第1番から第2楽章 ロマンス・・・」

・・・ああ・・・こ、これを弾くか?アンコールで?
もう、マレキアーレは淡い初恋のような見事な薄桃色に染まってしまった。。。

控えめにもキラキラときらめく心打つそのピアノの音は現実を忘れてしまうほどの、ある意味恐ろしい凄さ。
おおよそピアノと言う楽器を全て分かった上で、自在に表現し、なにか現実ではない所へいってしまっている横山幸雄・・・。

皆さまにお恥ずかしい・・「漫才」と言われたほど、横山サンと私とでお笑いの突っ込みとボケのコンビで皆さまの前でのアフタートークでしたが、問いかけに対するその反応の速さと、音楽に対するわかりやすい説明は心よりありがたいコトだといつも思います。
この会は事前の打ち合わせどおりピンク、薄桃の服を着て下さっていたお客様が多く、ピンクの小物やタオルも持参でとても華やか。
それを知っていたかのように横山さんは皆さんを包む葉っぱのような
美しい緑色のジャケット。
サーモンピンクのジャケットのワタシと2人並んで前に立つと、まるで桜餅(笑)のようで、最後は笑いの絶えない会になりました。

また来る~と、鼻息荒くありがたーいことですが、横山サン、お客様、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://midoriongaku.blog71.fc2.com/tb.php/961-9ab14b1e