FC2ブログ
みどり音楽企画の徒然日記
プロフィール

みどり音楽企画

Author:みどり音楽企画
芸術をこよなく愛する
みどり音楽企画の代表取締役社長。
東北・九州・美術館・水族館・デパ地下好き。

看護師でもあり、包帯巻かせると
出来上がりは芸術品。
栗きんとん・ハンバーグは
まかせておいてッ!
お料理だけじゃあないよ、
今年もいい公演つくります!!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



松本健司の1日 


やはり、松本健司さんは素晴らしかった!

6月30日 音楽工房ホールに駆けつけて下さって皆さま、本当にありがとうございました。

松本さん疲れた顔一つ見せず、2日間、精力的に終えました。
29日夜、沖縄からエンジントラブルで遅れた飛行機に乗って1時間遅れて浜松駅着、2台クラリネットの合わせ~晩御飯 「はんぺん美味しいねえ~あれも美味しい、これも美味しい~!で、横田さん、これ沖縄お土産のゴーヤ!巨大な2本をいただいて(笑)ホテルへお連れして、じゃあ明日またお迎えに行きます。
お疲れ様。12時だ~

翌朝7時起床、荷物積んで移動
9時会場の設営、スタッフの皆さんと椅子並べから始まる。Tシャツに首にタオル巻いて靴脱いでとにかくまずサクサク268席並べる。
受付や楽屋の準備、そう、軽食や飲み物の設置もね。
今回レッスン生の面倒も見て下さるクラリネット奏者の塚本さんと一緒に、手際よく楽しく準備。
CD販売やサイン会の準備も、もうやっちゃう。10時半なんだけどやれるときにやる。
これからが大変ですから。

あ、松本さんが爽やかに到着。「あ・いいですね~そのタオル、いいな~、そのタオル」
農業してるおばさんみたいに見えるようだ(笑)
「ねえ、なんで緑色じゃないんですか?ねえ、タオル、いいな~タオル」
もー、構わんといてッ。
あれこれと動いて汗だくになるから必須なの。ピンクのタオルが元気でるからこれでいいのッ。
お客様の前ではちゃーんと着替えるからイイのッ。

個人レッスン11時開始、
3名このホールの中ですることに意義がある。
防音の狭い部屋ではダメなのだ。あとで松本さんがリサイタルを行うここ、このホールでレッスンを受けることにより、音の出し方や感覚を体で感じてもらう。
これがみどり音楽企画の今回の特徴でもある。

ああ、2時すぎの新幹線で横山幸雄さんが来る、お迎えだ===。

3時からの公開レッスン開始にまず、聴講に来ていただいたお客様へごあいさつ。
(首のタオルはとり、上着を羽織りましたのでご安心を)

5時からのリハーサルはそれはそれはポイント確認作業のように笑顔で終え、そ、それでいいのか?
心配はよそに17時55分ホール会場、
10分遅れになってしまいましたが皆さんの理解ある温かい目と、早く松本さんを感じたい期待の空気で受け止めていただき
いよいよ 松本健司リサイタル始まりました。

ブラームス、シューマン、プーランクの無伴奏の2台クラリネットの不思議な魅力。
色々普段聴くことができないような小品の数々をピッタリ息の合った2人が曲解説もしながら進めていく。
「では僕は少し休みま~す」と、お客様に言って笑いを誘いバトンタッチ横山さんがピアノソロを。
ショパン:バラード1番、ドビュッシー:ラヴィーヌ将軍。
伴奏の時とはガラリと空気を変え、ピアニスト横山幸雄を披露してまた一段と大きな拍手が飛ぶ。

7時半に終演、2人のサイン会やお話や握手などで皆さんの笑顔があふれるロビー。
・・・うれしい。皆さんの澄んだまっすぐなキラキラした瞳を見ると、心から感謝して主催者冥利につきます。

途中で椅子を追加し、なんと結局、300名弱のお客様が来て下さいました。
あれよあれよとイスの片付けをして下さった 浜商、海の星、浜北西高校、与進中、開成中、ああ、どこだっけ、もう全てのみんな本当にありがとう!
吹奏楽指導者の先生もたくさん、そして、いつもマレキアーレに来て下さっているお客様も何人も。
おーい来ましたよ~って県外からも聴きにきてくださいました。

最後までお手伝いしてくれた、個人レッスン生の2人にも感謝。
横山幸雄さん、超多忙のスケジュール調整して駆けつけてくださっていつもいつも感謝してます、ありがとう!
松本健司さん、輝かしい生命力溢れるその音、豊かな音楽、トークも魅力たっぷりでありがとう。

この第2回松本健司企画が、吹奏楽や趣味でクラリネットを吹いている方々、初めてクラリネットを聴いた方、そしてプロになろうとしている学生さんたちにもいい刺激になって、目標に向かって歩んでいかれる手助けになることを願っています。








スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://midoriongaku.blog71.fc2.com/tb.php/986-8066a801